• tokuichi

山梨


2010年9月25日(土)

天気 : 曇り のち はれっ!! 水温 : ? 気温 : 18~2?℃ ハッチ : コカゲ? 水量 : 超渇水 水質 : クリア 釣果 : 天女魚、岩魚 HitPattern

 CDC Caddis  #14  スパイダー  #13  CDCもじゃ2010  #14、16  プードル  #13  CDCアント  #16

往生際が悪い自分ですか、何か? こうなると、何処に行くか悩みます。 んで選んだ渓は、楽しい1日を過ごしたが、とにかくバラシまくった”あの渓”に決定!? 気温の急激な低下と2日前からの冷たい雨、おまけに台風まで・・・ 文句なし!! 自宅を出る時は台風の影響で外は大荒れ(汗 まっ、どうにかなるでしょ! と、ポジティブに!! 入渓ポイントにて、きっつい藪漕ぎ・・・ 足元が全然見えないとこで、不意に足元が落ち込んでいて、そのまま藪に倒れこむ(汗 その時・・・ 「ピキッ!」とふくらはぎが・・・ いきなり肉離れです(泣 肉離れはハムストリングで何度もやったことがあるので、その症状は直ぐに理解できた。 ハムストリングなら即終了となっていたが、左足のふくらはぎ、それに比較的軽症だから助かった! イキナリでちょっと焦ったがラッキーだったと、ポジティブに!

渓の状態は・・・ 雨の影響も台風の影響も、ま~~ったく影響なし!? ちょーーー渇水(汗 朝のうちは丁度良い涼しさだった気温もどんどん上昇している。 とっても気持ちよいけど、なんだかなぁ~って感じ。 この時点で相当苦戦する事は覚悟、リベンジが返り討ちとなる可能性がグンとあがったわけか・・・ 魚がどの程度残っているか気がかりだったが、その点は心配無用と直ぐに判明! でもね・・・ すっごいスレかたなんです(涙 超音速アタック連発!! あんなのに合わせるテク持ってませんけど~~ かなりのチビですら、上級アタックを身に付けていた。 なんとか食わすもチビオンパレード(汗 そこそこサイズは一瞬のテンションで、やっぱりバレる(汗 しかし、大半が一切針掛りしない。 食わずに沈めるパターンの反応だし・・・ 堰堤越えの藪漕ぎが凄いのなんのって(大汗 踏み後は消え背丈以上の笹やらなんやらをバキバキなぎ倒し、蜘蛛の巣と格闘! って事は人はあんまは行ってない事? ムフフかも!? はい、大甘でした! やっぱり、超音速アタック(笑 フライサイズを落とせば、もしかしたらどうにかなるかもしれないが、min#16で勝負!! でも・・・ 結局チビばかり、そこそこサイズはバラし、もしくは針掛りさえも出来ず・・・トホホです。 俺って、こんなにヘタクソだったとは。 ボコボコに凹む。 がっくしです。 でもね、不思議と焦りはないし、集中力も持続できてた(笑 一旦、車に戻り作戦会議!! 「どうですかぁ~、バラシまくってませんかぁ~~!!」 と言う、きんさんからの嬉しい(?)メールに知らない渓の名前があったな!? メールを見直してみると、やっぱり知らない渓だ。 こうなったら、来シーズンに向けて新規開拓だ!! 幾つかの候補の中から、きんさんメールの渓をチョイス。 向かった渓は・・・ あの~、谷底見えないんすけど・・・(汗 と言う感じの渓だった(爆 まぁ、ある程度は予想は付いていたけど。 で、たぶんこちらが地図で予想を付ける区間よりも上流をきんさんのオススメ区間だろう。 いっつも、地図で予想しても、その遥か上流と言うパターンが多いこのお方(笑 とりあえず自分の勘を信じますか!? でもね、両サイドが結構切り立っていて、覗いても流れが見えないんですけど・・・ 左足のふくらはぎは、まぁ無理しても持ちそう、悪化させてもシーズンオフだし! と、ポジティブポジティブ!! 急斜面をゆっくりゆっくり慎重に下り(すべり落ち、とも言う)、なんとか降り立つと・・・ やっぱり渇水だし(汗 でも、午前中の渓よりマシかな! 魚影の濃さは午前中の渓の方が断然上だった。 でも、ココは超音速アタックでなく、普通の高速アタックだ(笑 やっぱりチビアマゴです(汗 と思っていたら、7寸ぐらいの岩魚がヒット!! 今日一ッス!! 堰堤を越えても反応は変わらず・・・ チビアマゴにチビ岩魚のみ・・・ 遠くに二段堰堤が見える。 アソコが今日のラストだな! ココで小休止・・・ 今シーズンを締め括れるか、それとも残り数日更に悪あがきするか!? 全ては、目の前の残り区間で決まる! 10/1から値上げするタバコをフカシつつ、集中力の回復に努める。 丁寧に丁寧に! 日が傾き、少しは警戒心が薄れるかと思いきや・・・ やっぱりシブ~~い(汗 遂に、最後の二段堰堤に辿り着いてしまう。 ティペットを交換! フライも今シーズン一番成果を残しているCDCカディス#14にチェンジ! まずは右岸から攻めるも・・・反応なし。 中央は・・・ ピッと1度反応があったのみ。 で、一番核心部と思われる左岸サイドへ徐々に攻め入る。 複雑な流れでなかなか思うようにフライがラインをトレースしてくれないが、スラックを入れメンディングに工夫する。 大きな底石があり、その周囲がえぐれていた。 当然一番の狙いは、流れが合わさり、その底石に隠れられ、一番効率よく餌を確保出来るポジション。 そして、こちらサイドからは全くの死角となっている。 と~っても難しく、距離もあるし、流れが超複雑(汗 10数投ぐらいしたかな? 反応は1度、でもチビだろう。 と、ココで一呼吸置き、流れを良く観察する。 1本の流れの筋が見えた!!(気がした?) 狙い通りのポイントにフライが着水 同時に大きくメンディング 更にメンディング3回 フライが狙い通りのラインをトレースする。 そして出るならココ! ってポイントへ差し掛かる・・・ 「ジュポッ」と吸い込まれるフライ! 合わせが決まり弧を描くバンブー! 予想よりも強い引き! Ye~~~~~~~~s!!! サイズは8寸ほどだったが、めっちゃ嬉しい1匹。 今日一日の流れでも諦めずに最後の最後に 狙い通りのポイントで、狙い通りに出た1匹。 せっぱり具合が良い感じ!! イカツイ顔!! 言う事なし!!! いつもより多めに画像アップで~っす。

daikyuさん直伝の撮影テクを実践してみた。 あら不思議・・・ 決して弱ってしまっているわけではないのに落ち着いた雰囲気になった!? 少し観察していて、幾つか思いつくことアリ。 幾つかポージングしてもらったが、快く引き受けてくれた(笑

そんでもって、当然ながら・・・〆は温泉♪♪♪ これにて2010シーズン終了ッス!! 今年も・・・    楽しい思い出    嬉しさ    悔しさ    沢山の出会い とても充実したシーズンでした。 お世話になった皆様へ 本当にいろいろとありがとうございました。 来年も懲りずにお願いしま~~す!!

#フライフィッシング #山梨 #天女魚 #岩魚

35回の閲覧