• tokuichi

長野


2011年7月16日(土)~17日(日)

2011年7月16日(土) 天気 : ちょー暑いんですけど 水温 : ? 気温 : 20~31℃ ハッチ : ? 水量 : 渇水 釣果 : 岩魚 HitPattern

 CDCカディス  #10、12、14  EHK  #14  CDCもじゃ2010”改”  #14  CDCピーコックぶら2009  #13  スパイダー  #13

この連休はソロで何処行くかなぁ~と悩んでいたところに、shikadaさんより「ご一緒しませんか!」との嬉しいお誘い! もちろん、即OK!! 早朝に到着しshikadaさんが来る前に釣っちゃって楽になっちゃおうと目論んだ・・・ が、ノルケドバラ~ス病発症(汗 グングンとロッドをしならせるヤツも見事にばらす。 結局、魚の顔は拝めずshikadaさんと合流!? 気分新たに渓を変え再入渓。 開きや肩に出ているヤツが多く、食い気はある! でも・・・ 今度は、デルケドノラ~ズ病とノルケドバラ~ス病のダブルときたもんだ(涙 ココのところまともな雨が無く、魚たちはかなりナーバスになっているみたいだ。 出来るだけ吸い込みやすいパターンに変え、ようやくようやく本日の1匹目とご対面!

その後もデルケドノラ~ズ病とノルケドバラ~ス病に苦しむ二人(笑 それにしても暑い!! 木陰から出ると一気に汗が吹き出る! 晴男パワーが暴走だな(笑

お互いそこそこサイズを追加、可愛いサイズもポツポツ、そんな訳で移動!

たが、こちらも当然”暑い!”。 ドバーーーと噴出す汗! 日向で立ち止まった日には、ジリジリと焼かれているのがはっきりと分かる(汗 激暑&超渇水の渓では歯が立たない。 何事も程ほどが丁度良いのだが、このコンディションは悪すぎ。 それでも、釣れる事は釣れるが・・・(汗 本日ラストの期待大な渓に向かう。

入渓ポイントから早々にsikadaさんがHit!

最終ポイントまでの区間では期待した程ではなかったが交互に釣り上がり一発逆転に期待する。 最終ポイントは堰堤下。

その右岸側の落ち込みからの好ポイントを譲って頂き、集中!! とばかり気合を入れる。 コンクリブロックからの落ちた流れがぶつかった場所に三角形のポイントが出来ていた。 しばし観察すると、そのポイントは波打って不規則な流れになっているが、数秒に一度その波がふっと落ち着くタイミングがある。

狙うならそのタイミングだ!

まぁ言うのは簡単だが狙うは・・・(汗 数投目、奇跡的にタイミングがドンピシャで奥の奥にフライがステイ!!

波に揉まれる瞬間に影が見えたような気がした、もちろん俄然やる気にスイッチが入る。 フライの水分を吸い取り、シャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカ。 一呼吸置いてトライ!? 出ない。 気づかれたか? その後の2投目・・・

波が立ち始め、もうもたない!と言うギリのタイミングでシュポッとフライが吸い込まれた。 デルケドノラ~ズ病とノルケドバラ~ス病が出んなよ! と思いながら合わせを入れると・・・

ズシッとした重さが伝わってきた!! ブロックの下にグングンと潜ろうとするヤツを強引に堪え引きずり出す。

なかなか浮いてこない。

ばれんなよ!

ばれんなよ!!

と呟きながら・・・

shikadaさんの目の前で無事ランディング!!

パンパン、プリップリの暑さも吹っ飛ぶ尺岩魚に思わず 「よっしゃ~~!!」 今日のコンディションを考えたら全く言う事なし! ポイントを譲ってくれたshikadaさんに感謝。 「あざーーーーっす!!」 たっぷり掻いた汗を流しに温泉へ向かいます。 温泉の後の冷たい一杯をグッと我慢し夕食タイムを寛ぎながら堪能です。 そして、そして・・・

野営地へ向かい、グビグビっと宴会タイム! とは言え、寝不足な上に炎天下の疲労もあり芋を数杯でギブとなり10時30分過ぎにはシュラフに潜り込む(笑 夜中に雨が少しでも降ってくれる事を期待しつつ・・・おやすみなさい。

2011年7月17日(日) 天気 : 昨日同様、ちょーーーー暑いんですけど 水温 : ? 気温 : 20~33℃ ハッチ : ? 水量 : 渇水 釣果 : 岩魚、たなびら HitPattern

 CDCカディス  #12、14  EHK  #12  CDCもじゃ2010”改” #14、16

5時30分起床。 shikadaさんは余り寝られなかったようだが、自分は爆睡だった(笑 期待した雨は全く降らなかった様子で、厳しい1日となる事を予感(汗 本日は、ozさんとtabiさんが合流される!! 二人が合流する前の朝一を軽く楽しんじゃえと抜け駆け(?)で向かった渓では・・・ 数匹出るも残念ながら写真サイズではなかった(汗 今日も、やっぱり「暑い!!!」の一言。 最高の天気に恵まれているわけで、これがもし2日間雨に祟られればそれはそれでBuuuuとブーイングの嵐だったのだろうが・・・ 恵まれすぎ? 澄み渡った青空が広がり「気持ち良いぃぃぃぃぃ」と叫ぶ それにしても「暑すぎだぁぁぁぁぁぁ」と叫ぶ こんだけ晴天が続き渇水すれば魚は出てこんって!! 出てきても、やっぱ必然的に食いが浅かったり、とても神経質な出方だったり。 白泡の真下で底にべったり張り付くやつ、エグレの奥に入ったきり出てこないヤツ。 まぁ、とにかく難しいコンディションってわけだな。

そんなタフコンディションの中でもozさんとtabiさんが合流してからも笑いが絶えず、何故か笑いっぱなしで盛り上がる(笑 shikadaさんが良型のたなびらを釣ったり

ozさんとtabiさんが同じポイントでダブルヒットしたり

自分は背後から3人のプレッシャーにビビリながら楽しんだり

4人してチビの入れ食いを経験したり

熊の雰囲気プンプンな渓を釣り上がったり

新車のボディを藪に押し付けたり

相変わらずデルケドノラ~ズ病とノルケドバラ~ス病だったり 存分に堪能する事が出来た2日間(爆 結局、今日のMaxは20cm弱ぐらいだったので魚の写真はありませんが、何か? 2日間でヤマトと思われる魚は2匹。 1匹目を釣った時、木曽での初ヤマトだから小さくても画像を残すべきか悩んだが、まぁ大丈夫だろうと思い撮影せずリリース。 そして2匹目はサイズダウン・・・ 結局写真サイズのヤマトには出逢えず終わってしまった(汗 次回の宿題って事ですね。 昨日と同じパターンで温泉を済ませ夕食へ向かう。 昨日と違うのは夕食の場で宴会が始まったことだ。

でもね、自分は今日が最終日なので当然アルコールはNG。

shikadaさんとtabiさんは今晩はozさんとこに泊まる。 となれば・・・ ozさんとshikadaさんが飲まないわけが無い!! tabiさんは諸事象により禁酒(汗

雰囲気だけでもと思い、自分とtabiさんはノンアルコールBEERで乾杯!! 今年の天候不順は、この木曽でも例外でなく、例年とはいろんな事が違っているらしい。 この先、どうなるのか本当に心配です。

亜熱帯気候となったら渓魚立ちはどうなるの? とか、 フィッシュクラフトさんネタで大盛り上がり! とか、 ロッドネタで大盛り上がり! とか、話題は尽きず。 クシャミしていた方が何人かいたでしょうね(笑 shikadaさん、ozさん、tabiさん、お世話になりました。 ありがとうございました!!! また、遊んでください!! 特に、shikadaさんには2日間丸まるお世話になり、記念となる尺にも出逢えましたし、感謝・感謝っす!!!

1日目の募金額¥2350 ① ¥1000 ② ¥1000 ⑥ ¥350 2日目の募金額¥1150 ① ¥900 ⑥ ¥250

#フライフィッシング #天女魚 #岩魚 #長野 #ozログ

0回の閲覧