• tokuichi

山梨


2013年 5月18日(土) 山梨 天気 : ドピーカン 水温 : 8℃、11℃ 気温 : 9℃~19℃ ハッチ : ユスリカ、コカゲ、カディス 水量 : 渇水 釣果 : 岩魚、天女魚 HitPattern

 CDCバイオットスペントNo.001 #16  CDCもじゃ2010”改” #14、16  CDCカディス  #14

新緑が眩しい季節になりましたね。 緑、空、空気、水、全てが1年で一番気持ち良いと感じる季節。 今日は歩く!! 歩きたい、そんな気分。 林道の途中、川を跨ぐとこが一部崩落していた。 ジムニーならギリ通れるかどうかと言った感じ あえなく、駐車ポイントよりも手前に駐車する事になる。 でも、イイんです、今日は歩くのです。 5時、ウォーキング開始! 15分で息があがる俺・・・ まず朝一に狙う支流は、結構前に下流を探索した程度だったので、今日は地形図上で2/3程度のとこにある堰堤まで釣り上がる予定だ。

上流がどうなっているのか? と言う探索がメイン。 朝の気温が低かったので着込んできたが、支流の入り口に到着した時には暑くて暑くて(笑

新緑の中気持ちよく歩く事ができたが、なんとなんと・・・

ちょーー渇水だ(汗

おまけに倒木が多く障害物競走的な要素盛り沢山となっている。 探索メインだし迷う事無くスタートです。 落ち込みでそこそこ水が溜まっているとこでは、かなりの確立で魚が付いていた。 驚くのは、その反応の仕方。 そこまでゆっくり出る?

合わせるのがなんだか申し訳ないぐらい、ゆ~~くり、パクっとくわえる(笑 サイズは、まぁこんなもんだろうと言う感じだが、数は順調にのばす。 そんでもって、標高が1600mを越えたあたりから、ようやくご対面。 純潔と思われるヤマト!! それ以降釣れるのはハイブリッドもなく、皆綺麗なヤマトとなった。 山梨でヤマト釣ったの久しぶりっす!

目的の堰堤まで釣り上がったので、次のミッションへ。 今度は別の支流を目指す。 そこに向かうルートは・・・ まっ適当に! って感じ(笑 地形図みながらショートカット。 尾根を2つほど越えて一旦林道に出た。 イメージしていたルートとは違ったけど、結果的に楽なルートが見つかり、気持ちよい山歩きを堪能する事ができた。 この支流はあくまで試釣りで、魚影が確認でき、渓相がチェック出来れば十分って感じ。 数匹釣って目的が済んだので、また移動。 次の支流へ向かう途中、突然藪がガサガサと揺れていた・・・ ちょっと焦ったけど、出てきたのは山菜取りのおじさんだった(笑 立ち話すると・・・ 餌とテンカラをするが、最近は鮎がメインとなっている釣師だった。 この水系は端から端まず隅々まで知っているベテランさん。 20~30年ぐらい前のこの界隈の話しを聞いて、驚くほど渓が変わった事とか

有り勝ちな釣果自慢じゃなく、山の事、川の事、、幾つかある林道事情等々 いろいろ聞く事ができた。 ココに移動してくるまでにスルーした堰堤には魚が溜まっているよ、と言うおじさん。 じゃ、戻って釣ってみますか? となり、おじさんと今来た林道を一緒に歩く事になった(笑 おじさんもフライの釣りは目の前で見た事がないらしく興味津々。 そんなおじさんの視線をバックから受けながら、その堰堤を攻めると・・・ ドーーーン(爆

おじさんちょっと興奮して、持って帰りなよ!、絶対に持って帰る方が良いよ!! (汗 ナイフあるから腸出しちゃいなよ!(汗 これこれしかじか・・・

だから、持ち帰りはしないんですよ。 と、説明したら驚いてた。 でも、最後は岩魚に向かって、お前はラッキーだったな。 良い人に釣ってもらったな。 と呟いていた(笑 おじさんと別れ探索再開(笑 林道が通っていない支流なので、合流点まで向かい釣り上がり、戻りは山中ショートカットしつつ、別の支流をチェックなんて感じで楽しんだ。 車に戻ったのが11時近く、この時点で6時間、そこそこ歩いたけどまだ大丈夫(笑 と言う事で、後半戦の渓に移動。 次の渓は、岩魚と天女魚の混成なんだけど、この日は岩魚は全く出番なし。 天女魚に縄張りを奪われていたようだ。

渇水だし、昼になる気温もグッと上がり、ハッチも結構ある。

岩魚も出てきそうな雰囲気があるんだが、やっぱり天女魚だ。 まぁ午前中に岩魚にはたっぷり遊んでもらったから良いか(笑 それに、予想に反して、天女魚のサイズもそこそこだし、これ以上言っては贅沢かな。 じっくり、ゆっくりと言うより、少しハイペースでポイント絞りながら釣り上がる。 早朝の寒さなどすっかり忘れ、気持ち良く汗ばむぐらい。 時より吹き抜ける風が最高に気持ちよい! 石に腰掛、一服しつつ、遠めに眺めていたポイントで何か一瞬ライズしたような気がした。

こちらから見ると、流れから突き出した岩の反対側なので少しブラインドで断定するのは??? もう少し観察すると・・・ やっぱり! 下流からだと岩が邪魔、対岸からは攻められない。 と言う事で、立ち位置を変えて、おもいっきりスラックを入れ狙う! 一投目で狙い通りバックリ(笑

出来過ぎっすね。 あーーーーーーーーーーーーーーーーー すっきりぃぃーーーーーーーーーーーー! って、感じの週末を過ごす事が出来だぞ!!

本日の募金額¥1300 ① ¥1000 ⑥ ¥300

#フライフィッシング #山梨 #岩魚 #天女魚

0回の閲覧