• tokuichi

伊豆


2010年3月20日(土)

天気 : 晴れ ときどき 曇り & 強風 水温 : 9~10℃ 気温 : 12~17℃ ハッチ : カゲロウ(#18~14)、カワゲラ(#16) 水量 : やや増水 水質 : クリア 釣果 : 天女魚

HitPattern

 グースバイオットパラ #16、14  CDCバイオットスペントNo.001 #16、14  CDCもじゃ2010 #16  クリンクハマー #15

今年も、よ~~やく解禁! さてさて、どんなシーズンになるか!? まずは”リハビリ”ですが、何か? ストレス溜りまくりでオーバーフローし体中に溢れかえっている状態(汗 も~~どうにもこうにもって感じ。 朝、近所の何時ものセルフスタンドでガスを補給。 ¥5,000のプリペを購入するつもりが・・・ ボ~~っとしてて、¥10,000のプリペを購入してしまった・・・ 昨日銀行に寄れず財布の中は寂しい状況だし。 今日は、年券を購入する予定だったのに、年券分を使い込んでしまったわけだ(汗 年券6,000の他に昼飯代に温泉代が必要なわけだが、残金を確認するとどう考えても1,000ほど足らん。 まっいいか・・・と、あっさり年券を諦めて何時ものコンビにで日釣券を購入しようとしたら・・・ 「今日の釣券は全て売り切れました~~」と店員のおばちゃんが。 8時前ですよ、そんなに釣り人が押し寄せてんのかよとちょっと凹む。 でも、初日だし、渓に立てて、チビでも顔を見られればOKですからね! 釣券を他で仕入れ、何箇所かチェックして回ると・・・ いるわいるわ、釣人釣人釣人釣人釣人釣人釣人釣人・・・ 漁協のおっちゃんも「今日は人多いよ~~」と爽やかな笑顔を見せて、カブで颯爽と行ってしまった。 おっちゃん、そうじゃなくって・・・ どっかおせぇてよ、と呟くも、既に後姿は小さくなっていた・・・(爆 第一候補もダメかなぁ~と思いつつも車を走らせると、あら不思議、車は一台も止まってない。 これは、解禁早々ラッキー! とテンション上げ上げ!!

活性があがるのは、あと1時間ぐらいしてからだろうと、まずは久しぶりに振るロッドの感触を味わいつつゆっくり釣り上がろうと思っていたのだが、なんと初めのポイントの肩の一等地でHit! まったく準備が出来ていなかったので、合わせがグダグダであえなくバラす。 でも、もしかして、今日はムフフかも♪ なんて、一人怪しい笑顔を浮かべていると・・・ やっぱりムフフっぽい♪♪ でも、初めはバラシ連発・・・ 答えは簡単、合わせのタイミングの修正でほどなく2010年の記念すべき1匹にご対面!!

なかなか1匹目が出てくれないと落ち着かないところだが、これで落ち着ける。 なもんで、今度は2010年の新作パターンをローテし試す!? 魚の反応を伺いつつ、大事な視認性、水面での姿勢、浮力加減...etc 5パターンをこの日は試した結果、 1つは合格!! 3つは追試 1つは不合格 と言う結果になる。 合格したパターンについては、そのうち気が向いたらblogに記事にします、たぶん(爆 水量がやや大目だが、良い感じに引き始めている。 反応があるポイントは、この時期のこの渓らしいポイントで、狙いも直ぐに定まったし、すこぶる上機嫌! 水深がしっかりあって、それなりの大きさの巻き返し、でもその巻き返しの流れは複雑、プンプン匂うポイント!? ちょっと離れた場所から観察し、どこをどう攻めるかシュミレーション。 ティペットを代えて、シュミレーション通りに攻めるも反応なし・・・

徐々に立ち位置を変えて行くと、遠めでは確認出来なかった小さなスポットがあるのが分かった。 巻き返しの流れをうまくトレースしても、そこにはフライが流れていかないのが分かる。 そのスポットに流れ込むような流れを読んで、フライを狙い通りのポイントにプレゼンする。 上手くそのスポットに流れ込み、漂う事3秒ほど、シュポッとフライが吸い込まれた!? 出方は間違いなく良型で、引きも十分! 合わせは完璧(のはず)、バレないでぇ~~と叫ぶ。 小気味良いローリングが伝わってくると、もうドキドキっす。 そして・・・ 化粧直しを済ませたShizukuに収まったのは、申し分のないイカツイイケメン!! まさか初日にこのような魚と出逢えるなんて思ってなかったし、一人少々興奮気味。

もう温泉でも良いかなと思ってしまう(笑 その後も、コンスタントにレギュラーサイズが釣れてくれたお陰でもう言う事なし! そうそう、やっぱり今年も主点のない天女魚がいた。 普通は、それを山女と言うわけだが、この渓は天女魚の渓なんだがな。 卵に混ざっていたか、稚魚に混ざっていたかは定かではないが? この渓では成魚放流はしてないからなぁ~ 昼前頃から風が強くなる。 フライは何処に飛ばされるかわからない・・・ フライが着水するも、即ラインが持っていかれてしまう・・・ 帽子が飛びそうになったり・・・ 強風で折れた枝が顔の横をかすめたり・・・ 結局風が弱まる事はなく苦戦する時間帯もあったが、その後もまぁまぁサイズを追加出来たし、も~~十分って感じだったから、早めに撤収し温泉を目指す事にした! 3時を回った頃かな、温泉へ車を走らせていると、この強風の中でもやっぱりところどころ釣人はがんばっているのを横目に「お疲れッス!」。 明るいうちに入る温泉は、やっぱ最高!! 露天で、「ぷはぁ~~」と声に出すと、全身の力が抜けていく。 極楽極楽(笑 よし、今年も楽しむぞ~~!!!

#フライフィッシング #伊豆 #天女魚

0回の閲覧