• tokuichi

東北遠征


2011年 9月17日(土)~19日(月)

2011年 9月17日(土) 山形 天気 : 激蒸し暑い 水温 : 16℃! 気温 : ~30℃以上 ハッチ : まったくなし 水量 : ちょーー渇水 釣果 : 岩魚 HitPattern

 CDCカディス #14  スパイダー #14

今期3度目の東北は山形! メンバー : ozさん、kazuさん、daikyuさん、shikadaさん、shojiさん、とくいち 総勢6名が関西、中部、関東、南関東からそれぞれ集まった。

shikadaさんとdaikyuさんを迎えに行き、一路山形を目指す。

他3名は既に集合場所で前夜祭開催中・・・ 5時過ぎに集合場所に到着すると、しばらくしてkazuさんがトイレに起きてきたのだが、思いっきり酒臭いし、おまけに俺の車の目の前で立ちションベンするし(汗 3人が起きるのを待って出発! 今日はテン泊の予定だったのだが、雨が降ると直ぐに増水する暴れ川で有名な河川である事。 今夜から明日に掛けて天気が荒れる予報である事を考慮し、テン泊は急遽中止にする事になった。 とても残念であはあるが、無理は禁物だから仕方ない。 林道を歩くと汗が噴出してくる。

とても蒸し暑く、ジメジメジメジメ。

途中、今にも落ちそうな吊り橋を渡ったりしつつの林道歩きを堪能!? daikyuさん、ozさん、kazuさんが上流組み。 shikadaさん、shojiさん、自分が下流組み。 今夜から天気が崩れるらしいが、どうやらこの地域は全然雨が降っていないようで、渓はかなり渇水していた。 おまけに真新しい踏み後も多数ある・・・ 嫌な予感がする・・・ 開始早々に自分とshojiさんが1匹づつ釣り少し安心したのだが、なんとそれ以降全く全然一切反応なし!? 走る魚影もない。 当然サイトで魚を見つける事などない。 どう攻め様が、パターンを変えようが、フライの自分とshikadaさん、ルアーのshojiさん、それぞれ全く反応がないのだ。

で、通らずに出くわし前半の部が終わってしまう(汗

かなりショック・・・ その通らずをトライした際にshojiさんは軽く溺れかけ沈してたけど(笑 仕方ないので強引に急斜面をよじ登り林道に出る。 一気に汗が吹き出す、とにかく蒸し暑くて不快指数100%! こんな状態は全然想像していなかっただけに取り戻すために出来る事は・・・と考えるが、少ない引き出しでは太刀打ち出来ず。 後半の部は少しでも水量が多いであろう下流に移動。 しかし・・・ 好転する事もなく、2匹追加しただけに終わってしまう。 3人揃って「こんなはずじゃない」「なんだこの状況は」「ありえへん」「全然ダメ」...etc ボヤキばかりとなってしまった。 山形まで繰り出し、3人で6匹と言う釣果。

はっきり言って撃沈。 慰めあうおっさん3人・・・ これで上流組みが釣果を出していたら夜の部が大変な事になると言う心配を抱きつつ集合場所に移動する。 なんと、上流組みは十分堪能出来た様子でニコニコ顔の面々。 嫌味な事に、自分達3人の釣果を聞き、気を遣われてしまう始末。 はい、おめでとうございます。 竿頭 : kazuさん くっそーーーー テン泊を中止にしたので急遽キャンプ場を手配。 宴会では、予想が的中し竿頭さま絶好調で御座います(爆 もう絶好調でトークが弾む弾む。 ベラベラベラベラベラベラ、よ~~~しゃべる(笑 くっそーーーー 楽しい夜の時間はキャンプ場と言う事もあり早めのお開きとなった。

2011年 9月18日(日) 山形 天気 : 今日も蒸し暑い 水温 : 15℃! 気温 : ~30℃以上 ハッチ : まったくなし 水量 : やっぱ渇水 釣果 : 岩魚 HitPattern

 スパイダー #14

明けて二日目・・・ 今日は別水系を攻める事に決まり、早々にキャンプ場を後にし目的地を目指す。 昨日とは変わり、自分達が上流に入渓する事になり林道を歩く。

気持ちの良い立派なブナの木々、豊かな森、今日こそはと期待し林道を歩く!?

結果から言うと・・・

今日は、ルアーに軍配が上がった。

尺上を筆頭にshojiさんの一人勝ち!! 昨日ほどではないが、やはり渇水。 おまけに、足跡はそこらじゅうにある。 自分はと言うと・・・ さっぱり、まったく、全然ダメ。 おまけに・・・ 途中の支流を一人釣り上がっていた時、ヘツリ中に足をツルっと・・・ 一瞬で滝つぼにダイブ。 久々にマイナスイオンの原液を全身で浴びてしまった(汗 汗だくで蒸し暑い状態だったので、とても気持ちよかったが・・・ 全身ずぶ濡れ。 二人の所に戻り、少し下流にあった支流へ向かう事に。 shikadaさんも釣果があり、ボなのは自分だけ、焦り始める、心配するshikadaさんとshojiさん(汗

ウェーダーのソックス内はぐちょぐちょで気持ち悪く集中力を妨げる。

しかし、このままボなんて事になったら、今夜の宴会でどうなるか想像すると・・・

そりゃもう怖くて怖くて。 マックス集中で釣り上がる。 待望の1匹目は、残り区間も僅かになったころだった。 そりゃもう嬉しいなんてモンじゃない!! こんなに苦労した1匹は久々だし!! 気持ちも楽になり、その後納得サイズを1匹追加。

嬉しいと言うよりも安心したと言う感情。 6時間以上掛けて車を走らせてきて、まさかこんな事を味わうとは(爆 修行が足りないッスね。 昨日と同様に、魚は食い気なし。 底べったりでドライでは全く太刀打ち出来ない。 しつこく丁寧に流そうが、フライサイズいろいろ試そうが、ポイントを変えようが、何しようが、全くダメ。 自分の腕に問題があるのは事実、それにしてもココまでの状況となってしまうとは全く想像していなかったし。 そんな状況でルアーマンと一緒に釣り上がれた事はとても収穫があったな! 集合場所に戻り、恐る恐る確認をすると・・・!? 昨日、竿頭だったkazuさんは、なんとなんと・・・ 「ボ」だったらしい。 やっぱ、このお方は持ってます! タダでは転びません、凡人ではない!? 今日の宿は民宿。 昔ながらの「The 民宿」と言った雰囲気。 そして、夜の部がスタート。 やっぱりkazuさんは絶好調!

竿頭だろうがボだろうが全く関係ないらしい(笑 1時過ぎに撃沈となるまで、飲めや騒げの大盛り上がり。 それぞれ個性が強い6人が、それぞれの特徴を生かした飲みの時間は、これまた格別。 大した内容ではないので詳細は割愛させて頂きます(汗

2011年 9月19日(月) 山形 天気 : 小雨 → 雨 水温 : ??? 気温 : 19~22℃ ハッチ : まったくなし 水量 : それでも渇水 釣果 : 岩魚 HitPattern

スパイダー #14

いよいよ最終日。 かるく二日酔いですが、何か? 昨日までの天気から一転、なんと気温差10度以上。 昨夜あれだけ飲んだのにkazuさんは朝ちゃんと起きてるし、凄すぎだ(汗

ozさんとkazuさんは今日は釣りせず帰路につく。

お二人と一緒に釣り上がりたかったのになぁ~~~ daikyuさんの友人のかっちいさんが新潟からわざわざ駆けつけてくれた!! かすかな望みも通じず、悪い状況を好転しないまま3日目も終わる事になるとは(汗

はい、今日はなんとかギリの1匹、それも可愛いサイズの1匹のみ(涙 渓相が抜群だが、足跡多数。 所々巨岩があり変化もあり釣り上がりが楽しい渓。 でも、全然ダメ。 移動した先では山親父の足跡にちょい焦る。 もうダメ、ギブアップっす。 と言う事で・・・ 早めの切り上げ、温泉で汗を流し東京に戻るにした。 この時期の釣りは難しいのは十分承知していたし、まぁ楽しい時間が過ごせればそれで良いと本当に思っていた。 それにしてはこの3日間の状況は納得行かないし、どこかでリベンジせねばなるまい!!! みなさん  大変お世話になりました!!  また是非お願いします。

1日目の募金額¥300 ① ¥300 2日目の募金額¥200 ① ¥200 3日目の募金額¥600 ① ¥100 ⑧ ¥500

#フライフィッシング #岩魚 #東北遠征

17回の閲覧