• tokuichi

山梨


2018年6月9日(土)

天気 : 晴れ!

気温 : 15℃~21℃

水温 : 8.8℃、10.2℃

水量 : 平水、やや渇水

ハッチ : わなわな

釣果 : 岩魚

Hit Pattern

 CDCカディス #14

 CDCネジブラ #15、16

 スパイダー #15、16

自宅を出る時、かなりの雷雨でした。

少しためらうぐらいの雷と雨です。

現地に夜中に着き少しだけ仮眠をとります。

目覚めると・・・

雨はあがり、イケそうな予感がプンプンです。

前日から楽しんでいた地元の友人であるダッシュとテラを見つけ、しばし情報聞き込みです。

でも、今日はこの二人ではなく

shikadaさん、tabiさんと1日を過ごします。

このお二人も既に到着していたので5時半に入渓ポイントへ

先行はいません、予定通り第一候補の渓をチョイスです。

前日夕方から降っていた雨は全く影響ないようです。

出だしはポツポツでスローな感じでしたが、日が昇るにつれ状況は一変!

思惑通りアチコチから出ます。

レギュラーサイズメインですが、みんなコンディションが良く

7寸ぐらいでも良く引きます(^-^)/

サイズ的にはネット出すほどでも・・・なんですが

引きで思わずネットを出し、アレ? て感じになります。

そのぐらいみんなのコンディションが良いのです。

雨上がり独特な香りに包まれます。

このお二人との釣りは何時も通りストレスフリー

3人でテンポ良く釣り上がります、このテンポって大事です。

テンポが良い時って、釣果もそうですが、その時間を過ごしている事そのものが満足感に繋がります。

二人の釣り上がりを見ているのは楽しくて大好物です。

魚の付き場は、まだプレッシャーをそれほど受けてないからかとても分かり易い。

ライズあり

サイトあり

出方はスローだから早合わせは厳禁です。

フライはバックリ銜えられる事が多い

この時期にこれだけの魚が残っていても餌師に抜かれまくり2ヶ月もすると残念な感じになります。

ほんと残念です。

とても気持ち良く晴れました。

昨夜の雷雨が嘘のようです。

カラッと晴れ

森には元気の源が充満してて、日頃のストレスが消えていくのが分かります。

貴重な週末の時間、充実した時間を過ごせる事に感謝ですよね。

かなり満足した感じで退渓ポイント到着

林道歩きが気持ち良く、自然と会話が弾みます。

当然ですよね、この感じは人間に悪いはずないのです。

後半の部に向けて車で移動します。

ココまで十分な釣果だったので、少し渓相が違う渓をチョイス。

朝から入渓者がいるか気になるところですが、すぐにその解答が得られます。

今日の入渓者はなし!!

既に魚は待ち構えていました(^-^)/

本来ならこちらの渓の方がシーズンは遅く水温も低いはずだが・・・

渇水で水温が高い

この時期でこれ、ちょっと心配です。

この渓はこのエリアでも真夏に楽しめる渓なんだけど

今日のこの状態だと夏場はチト厳しくなるかもね。

魚はすこぶる上機嫌な感じです。

それらしいポイントで餌を待ち構えています。

3人で釣り上がっているのにフライの交換が間に合いません(^_^)v

こちらの魚もお腹パンパンなのが多い、チビサイズも多く、脈々とその血が受け継がれています。

落差が激しく、よっこらしょって昇り降りする事が多いです。

月2回のペースだと体が出来るまで時間が掛かります。

意識的に落差が激しいところであえて体を使い覚えさせます。

じゃないと気が付いたらシーズン終了間際になってしまうf(^_^;

渓の規模が小さいがダイナミックな渓です。

魚を見つけやすいけど、見つかりやすかったりもしますf(^_^;

魚を見つけても、狙えるポイントが限られる、魚の真正面から狙わなくてはならない時は

とにかく屈んで、フォルスキャストは無し

小さいモーションで一発でフライを落とす

疑いもせず、パクッと銜えた時の

Yes!!

は、言う間でもなく気持ち良いのです。

後半戦も3時間が経過

そろそろ温泉が気になり始める時間(^-^)/

と言う事で下山です。

林道がないので、山中を適当に彷徨い登山道を目指します。

方向だけ注意し、あとはカン(  ̄▽ ̄)

でも、今日みたいな日は森の中を歩くだけでも気持ち良い、間違いなく体に良いのです。

良い1日を過ごせました。

shikadaさん、tabiさん

 ありがとうございました!!

 またお願いしますm(__)m

#フライフィッシング #山梨 #岩魚

0回の閲覧