• tokuichi

山梨


2019年5月18日(土)

天気 : 晴れ のち 薄曇り

気温 : 7℃~21℃

水温 : 7.8℃、9.2℃、14℃

水量 : 渇水

ハッチ : 少々

釣果 : 岩魚、天女魚

Hit Pattern

 CDCバイオットスペント  #16

 ネジパラブラ(DL)  #15

 CDCカディス  #14

 CDCもじゃ2010改  #16

teruとの釣行です。

我が家集合、自分の車1台で向かいます。

荷物を積む

teruの荷物多くね?

日帰りだよ! と伝えると・・・

『えーーーーーーー」 と言う反応です( ̄▽ ̄;)

ブツブツ言ってますがスルーして、また今度って事で当然受け付けません。

こんなスタートなので、疲れる1日が確定したようなものです。

さて、どうなる事やら(^_^ゞ

teruコレクション!!

am2:48

粉モン、炭水化物をガックツ食らう

この立派なオシリ

フライを始めて、ダイエットする、ウオーキングすると豪語するも

2kgしか痩せてない現実

写真って不思議ですよね

それなりに雰囲気が出てしまいます

でも、実際は、ド中年のぽっちゃり系なおっさんです

この日は3本の渓を回りました。

1本目はteruが経験済みな渓をチョイス

折角なので2本目3本目は知らない渓

3本とも初めに釣ったのはteruでした!

いや~成長です。

でも、基本我が道を行くタイプなので、この先の成長はあまり望めないだろうね。

理由を親切丁寧に教えても、脳に留まる事なくスルーされます。

道具じゃないんだけどね。

とは言え、ちゃんと釣りになってるし、渓歩きも少しは良くなってきてます。

ただね・・・

身支度に30分掛かるのです( ̄0 ̄;)

車中で、洋服は既に着ているからすぐ準備出来るとか偉そうにほざいていたのに、30分です。

なんの準備をしていたのでしょう? 不思議です。

化粧直しでもしていたのでしょうかね。

渓のコンディションは渇水

一雨来れば一気に活性上がりそうな雰囲気です。

山つつじが綺麗に咲いてました、いよいよ本番って時期を迎えています。

午前中に入渓した支流は途中頭跳ねされる可能性があるのです。

餌師が普通に頭跳ねしてくるのです。

この日もやっぱり現れた

自分のすぐ上流に現れたようだが、気が付かず

でもね、teruが気が付き、鋭いまなざしでガンを飛ばし撃退したようです。

自分は全く気が付かなかったので事実がどうかは分かりません。

偏光グラスかけているので目は見えませんので、相手がどう思ったかは分かりません。

でも、teruのファインプレーと言う事にしておきます。

自分は足の指が巻き爪です。

この日タイミング悪く右の親指が痛み出した。

まぁでもteruと歩くペースを考えれば、問題ないしねって思ってたら

どんどん痛くなっていく。

今日履いてるシューズはサワートレッカーでした。

と言う事で、突然ですがサートレッカーインプレ!

ウェーディングシューズとしては良いと思います、これはほんとにそう思う。

でも、やっぱりつま先が細すぎる。

3回履いてみてなので・・・

今回は親指の状態があったとは言え、そうでなくとも、やはりこの締め付けはアウト。

下りの急な斜面では余計です。

今回決断です、やっぱダメ!!!

更に気になる点

小指のガード位置が合わない、ラバーでカバーしているが合わないのです。

岩にぶつけてなんど悶絶した事か

マジ痛くてうずくまります。

タンスの角に小指をぶつけた時のソレと同じです(>_<")

まぁ全て個人的な感想ですから誤解のないように。

捨てるの勿体ないので、欲しい人に譲ります。

27.5cmです、ご連絡ください!

話しを戻します。

良さげな流れが幾つかあるポイント

手前から順番に攻めて、一番怪しいと思うポイントを狙います。

手前には複雑な流れが幾つかあって、ラインの位置とメンディングに工夫が必要です。

たまにはうまく行くものですね。

ピンポイントで狙った位置にプレゼンが決まり、岩盤の際をフライがゆっくり流れてくれます。

この間2秒ぐらい

吸い込まれるフライ

ハイ、頂き!!

今季レコードサイズ(笑)となる26cmのプリプリ岩魚です。

朝はすっごく寒かったのが、どんどん気温が上昇し汗ばむぐらいになりました。

11時半、午前中の区間終了です。

次の渓に向かいます。

ボコボコの林道を走り向かった渓は、凄く久しぶりに入る沢です。

可愛いサイズ中心ですが、奥の奥まで魚が入っていて渓相は変化あるし、ちょっと楽しむには良いとこでした。

林道入れそうだし、急遽そこに向かう事にしました。

久しぶりですが渓相そんな変わってないし、雰囲気は悪くない。

でもね、渋い・・・

渇水だからかな?

teruが1匹釣ったところで早めの決断、移動します。

3本目は里まで下ります、里の流れですが、渓相は里ではなく、天女魚の魚影がそこそこ濃い渓です。

実はteruは山女は釣ったことあるけど天女魚はご対面したことがないのです。

なもんで、天女魚を釣らせてあげよう! と言う狙いです。

見事しっかり天女魚とのご対面を果たす(^-^)/

自分にも幾つかの天女魚が出ました。

みんな良く食べてるようで、完全にメタボ体型ですf(^_^;

さて、歩き足りない感はありますが、親指の痛みもあるし定刻になったので温泉に向かいます。

二人で貸切です!!

10連休があったからか、どこも空いているようです。

高速道路も山も温泉も空いてました。

二人して、ぬるめの温泉をゆっくり味わいます。

イイ感じの睡魔であぶなく落ちそうでした、いや、一瞬落ちてたな。

まだ終わりません・・・(^_^ゞ

晩飯食べて車で仮眠を取る事にしました。

当然、爆睡しますよ。

この仮眠も最高に気持ち良い事が確定しているのですからね!!!

それが

突然teruが騒ぎ始めた

何か叫んでいる

寝ぼけて覚えていたのは

『 じゃ、出掛けるぞ!! 』

でした。

完全に夢の中にいた自分は

もう訳が分からない、???なのです。

時刻を確認すると、30分しか経っていない

もうね、なんなん? って感じです。

そしたら・・・

完全に寝ぼけていたらしい

自分でも良く分からないらしい

でも、良く寝てスッキリした! とか言います。

こちらは最高に気持ち良い睡眠を突然打ち切られ、スッキリするはずもなく

ですので、自分は仮眠の続きを取る必要があったので、teruに運転させる事にしました。

当然です(^_^)v

コイツと一緒にいると想定外な事がおきます。

でも、イチイチ拾っていると疲れるし、イチイチ動揺してたら疲れます。

ですから、基本何があってもスルー出来るスキルを身に着ける事が出来たのです。

長い付き合いですからね( ̄∇ ̄*)ゞ

でも、たまにですが、本気で殴りたくなります(^_^)v

今回はこちらで〆たいと思います。

彼は立派に成長したお腹のお蔭で、しゃがんで何かをすると言う事が困難な体型になってしまいました。

それでは、3コマ吹き出し大喜利をご自由にお楽しみくださいm(__)m

teruへ

 おつかれさんでした!!

photo by teru

photo by teru

photo by teru

#フライフィッシング #天女魚 #山梨 #岩魚

111回の閲覧