• tokuichi

山梨


2010年 4月29日(木)~30日(金) 2010年 4月29日(木)

天気 : 雨(豪雨?) → 晴れ 水温 : 8℃ 気温 : 9~14℃ ハッチ : ??? 水量 : 増水 水質 : クリア 釣果 : 岩魚 HitPattern

 グースバイオットパラ #16  CDCもじゃ2010 #14  EHK #14

さて、GWですね。 30日休んで7連休ですが釣りはこの2日間のみ。 まず初日は・・・ ゆっくり遅めに出発し現地到着は9時30分。 なぜ、こんなにゆっくりかと言うと それは”明日”があるから。 高速走っている途中から雨になり、現地に着くと本降りになっていた。 焦らず、まずは車の中で待機。 と思っていたら、いつの間にか落ちてた。 目が覚め外を覗くと晴れ間がのぞいていた。 んじゃ始めますかと準備。 今日はかる~くゆっくりで十分なんです。 なんてったって”明日”があるんだから。 2年ぶりに訪れたこの渓。 結構お気に入りだが、車で来るにはぐるっと林道を遠回りしする必要があり、かなり上流域だ。 山の手入れの跡が至る所にあり、間伐した木々が流れにも所々痕跡として残っていた。 魚の方はと言うと、まぁまぁな活性。 今年の天候不順の影響はあるようだが・・・ のんびり釣り上がり2時間ぐらいと堪能し「もう十分!」。 だって”明日”があるからね。

次に向かった渓はたぶん4~5年ぶりぐらいだろう。 やはりこちらも増水している、でも今日はまぁ良い、とりあえずサクッと釣り上がる。 が、しかし・・・ 2時間少々やって、反応すらなかった(汗 でもね、全然問題ない! 体力温存、無理はしない! だってだって、”明日”があるのですから・・・ 次に向かったのは、もちろん温泉!! 温泉を堪能後、今夜の宿泊地を目指す。 質素な夕食後に、PREMIUMをプシュ~! と頂き、なんと9時にはシュラフに滑り込んでいた。 はい、今日はこれでおしまい!

2010年 4月30日(金)

天気 : 快晴!!! 水温 : いろいろ 気温 : 7~20℃ ハッチ : いろいろ 水量 : 爆流、かなり増水、やっぱ増水、もちろん増水、増水 水質 : いろいろ 釣果 : 天女魚 HitPattern

 グースバイオットパラ #14、16  CDCバイオットスペントNo.001 #14、16  CDCもじゃ2010 #14、16  EHK #14  クリンクハマー #15  その他

3時30起床! 待ち合わせ場所に程なくして、本日の相方である、きんさん登場! そうなんで、このお方との1日フルだったので昨日はかる~くおさえていたんです(笑 現地、到着し流れを見ると・・・ かなり増水している(汗 まっ、とりあえず行きましょう! と・・・ 5時20分スタート!! で、いきなり難関なんです。 本日一番注意ポイント! ゴルジュ帯を巻くのだが・・・ ぬかるんだ足元は不安定で、ザイルは滑る。 一歩足が滑ったり、掴んだザイルが滑れば、はい一瞬でおしまい! って感じ。

もちろん、ドキドキですよ。 全力で全身を集中させ、慎重に慎重に歩みを進めます。 でもね、きんさんってら・・・ スタスタ普通に登っていくんですよ。 時折後ろを振り返り、こちらを確認はしてくれますが・・・ ぐる~っと巻いて、ようやく安全なところに降りつく。 いつもそうだが、この瞬間の嬉しい事といったらない! でも今日は・・・ 目の前の流れを見て二人して「あちゃ~~」と思う。 二人してダメそうだと言う事は実感できた。 でもね、そんあ簡単に諦められないんですよ、釣人って。 ちょこっとやってみようとなり、釣り上がるが・・・ はい、50mも行かず断念。 全然無理! って感じだったわけだ。 となると、頭によぎるのはさっきの難所を戻ること。 登りであの感じ・・・ あそこを降りるのは相当ヤバイわけだ。 改めて超集中!ッス。 いや~いまでもドキドキするぐらい怖かったですよ。 まっさかさまに逝っちゃいそうで・・・ 息が上がると言うよりも、ドキドキで鼓動が激しく、スリリングなんてもんじゃなかった。 本当ならば、ココでの危険度をた~っふりお伝えするところだが、この後も盛り沢山だったので今回は割愛させて頂く事とした(笑 そして無事車に戻る、この時の安心感は、毎回本当に嬉しい瞬間だ!? アドベンチャーを楽しんだのは良いが、さてどうしますか? 早速移動し、次の候補へ! 入渓早々きんさんが天女魚をゲット! が、その後続かず。 この時点でまだ8時! 車を飛ばし次の渓を目指す。 なんと、次は里川だ。 きんさん≠里川 きんさん=山岳渓流 と言う方程式があるんだが・・・

この渓は台風でも増水しないぐらい周囲の山々がしっかりしているらしい。 それが、ちょっと驚くぐらい増水していた。 と言っても、遡行出来ないと言うわけではない。 ここでようやく、この日1匹目の可愛い天女魚を釣る事ができた! この1匹目がきてくれないと、どんどん焦りがますわけだ。 魚の出は鈍く、なかなか餌に気づかないって感じ。 それでも、まぁまぁサイズをバラしたり、ヒットさせたりと楽しんでラストの堰堤。 ちょっと複雑な流れ、その複雑な流れの中にスポットが出来ている。 間違いなく”雰囲気”が漂っている。 珍しく粘って粘って、そのスポットでフライがステイした瞬間。 シュポッと吸い込まれた!

プレゼン、メンディング、ライン操作、難易度高いポイントを攻略出来言う事なし! 更に移動! 次の渓では、あきらかに魚がうわずっていて高活性である事がはっきり分かるほど。 何匹か釣り、最後の堰堤では右担当きんさん、左担当とくいち。 驚きです、きんさんはバンバン釣り上げ、良型含め圧巻! それに比べ自分ときたら・・・ 引き出すことは引き出すが・・・ さっ、切り替えて次! 5本目の渓です。 ここが凄かった! もちろん増水してるけど、バンバンバンバンバンバン! 何匹釣ったの? 全く分かりません、と言うぐらい驚く状態。 一箇所で交互に何匹も出しちゃったり・・・!! 1匹交代なんだが、フライを交換する暇もないぐらい立て続けに! お互いプレッシャーを掛け合いながら(?)、普通に釣るのではなく、楽しみながら(?)釣り上がる始末。 もちろん、反応がないとこもあるにはあったが・・・ この楽しかった時間を、どう表現すべきか悩んでしますぐらい。 品疎な表現能力では無理がある(爆

でもね、すっごい釣ったんだけど、それ以上に物凄い数を出したんですよ。 バラした数は釣った数の3倍以上! 間違いなく3倍じゃきかない!! それに、良型を確実にバラす始末。 落ち込む事度々・・・ もちろん、きんさんからのプレッシャーが原因だ! なんて言いませんよ。 それにしても衝撃的な数をばらした自分。 近年バラシ病にかかる事はなかったのに今年は・・・酷いッス。 マジ凹むっす。

ただ、すっげぇ~楽しかったから、なんだか充実感の方が強くてね。 反省する気配がないけど、何か? まぁ、一昔前は引き出す事すら出来ていなかったわけだから、少しは成長してるんだろう!? と、前向きなコメントいかが?

きんさんに言わせれば、あんだけ良型ばらしたら、ちゃんと反省せんかい!! って感じでしょうが(汗 日が暮れ始め、長い長い一日が終わりです。 車に戻り、帰り支度を整えたのが19時だった。

5時過ぎから19時近くまで、一日フルにお付き合い頂き、楽しい時間をすごさせて頂いたきんさんには本当に感謝です。 あざーーーーっす!!!

次はちゃんと取れるよう努力致します(汗

#フライフィッシング #山梨 #岩魚

0回の閲覧