• tokuichi

東北遠征


2018年5月24日(木)~26日(土)

走行距離 1671km

秋田

2018年5月24日(木)

天気 : ピーカン

気温 : 6.4℃ → 7.8℃

水温 : 16℃~20℃

水量 : 増水

ハッチ : コカゲ、ユスリカ

釣果 : 岩魚

Hit Pattern

 スパイダー #16、#14

 CDCバイオットスペントNo.001  #14

teru、初東北です。

teruのリフレッシュ休暇期限が5月末らしく、『東北に行きたい!!』と言う要望にこたえこの時期に東北遠征となりました。

昨年本格デビューを果たしたteruです。

関西のおっちゃんと、何故上手く付き合えるのか? その疑問の答えが、今回の3日間ではっきりと出ました。

ある意味、おっちゃんの上を行くteruとの長い付き合いにより、その免疫力が相当高くなり、更に、さばくスキルが知らない内に身に付いていたのです。

teruとは地元の友人で学生時代からの付き合いです。

当然、おっちゃんとの接点はありません。

■二人の共通点・・  ・人の話を聞かない、スルーします  ・数時間前の事でも全く覚えていません、そもそも覚えようとしていません

 ・覚えようと努力もしません

 ・物事直ぐ忘れ、勝手な内容に書き換えます  ・何度も教えたのに『初めて聞いた』と、断言します  ・教えて貰ったことを全く違う我流な屁理屈で記憶を書き換えます  ・物を直ぐアチコチに置きます、そしてあれがないとか、騒ぎます  ・自分の常識が世の常識だと断言します、しかし残念ながら一般常識が乏しいのです

 ・物事知らなさすぎるのに、自分は何でも判っている体で話をします

 ・質問に対し親切丁寧に答えても覚えようとしません、何度も同じ質問をします  ・結構素直で騙されやすいです  ・人をイラッとさせたら敵なしです  ・笑いのセンスがピカイチです

  ...etc

■上記以外でteruの特質すべき特徴・・

 ・経験のない事でも自分の考えに絶大な自信があります、しかし大抵間違っています

 ・事実を伝えているのに信じようとしません、あくまで自分の乏しい知識をゴリ押ししたがります

 ・物凄くビビリで、ちょっとした事にオーバーリアクションで、リアクションの声がとにかく大きいです

はっきりしました。

この二人を一生会わせてはならないと(^_^;)

流石に一度に二人を相手することは不可能です( ̄▽ ̄)ゞ

では、本題のレポに進みます。

折角この時期に行くなら行きたい渓があったけど、GW明けに林道崩落しNGとなりました。

先週の大雨により特に秋田は増水していると言う事前情報も・・・

我が家を11時近くに出発です。

近所のコンビニに寄り買い物をしたらくじ引きで500缶のBEERが6本も当たった(^_^)v

と言うか、このBEERで運を使い果たしてないか一抹の不安が過ぎります(^_^;)

現地8時着!!

ガーーーーン

雪代です。 増水もしています。

林道のあちこちに残雪あります。

とても出来る状態ではない( ̄▽ ̄;)

それでも上流まで念のため確認しようと林道を走ると、軽トラが降りてきた。

山菜取りのおっちゃんが二人

  この先木が倒れ行けないよ。

と・・・

これで諦めがつき第二候補に向かいます。

そう言えば、そのおっちゃんが今年の冬は雪が多かったと言ってました。

それでも、桜も山菜も1週間から10日早かったようです。

向かった先は・・・、こちらはクリア!!

でも増水です。

水、キンキンに冷たいです。

3秒つけてられません。

teruに東北の岩魚を少しでも早く1匹釣って欲しく先行させます。

開始2分でパワー森林香を水没させます(^_^ゞ

そんな所にぶら下げたら速攻沈させるのちょっと考えれば分かるのにね。

彼にはあれこれ言っても覚えようとしないので、体験させるのが一番です。

なので、あえて言わずにいたら案の定・・・

いや、想像よりも早く使い物にならなくしていました。

ある意味、こちらの想像を斜め上行くタイプなので驚きません(^_^ゞ

初めのポイントで可愛いサイズが流心から出てくれました。

これならイケルかな!?

日差しは暖かく少しでも水温が上がってくれればと願いつつゆっくり釣り上がります。

ポツポツ釣れてくれるのですが、フライをゆっくり見せるようにしないとなかなか気づいてくれません。

teruは苦戦・・・

自主練でメキメキ上達したこの1年

でも、まだ2年目のド素人さんなのです。

ちょっとサイズアップし活性上がり始めたか? と思うも・・・

その後しばし沈黙だったりします。

やはりBEERで運を使い果たしたかなぁ~とブツブツ

水量多く通らずを巻くのに少し急な斜面を登ったら

顔色青ざめ別人のような表情をしています。

思わず爆笑してしまったf(^_^;

ビビリなので仕方ありません。

でも、そこまで辛くない斜面でして・・・

少しづつスキルアップしてもらわないと一緒に釣り上がる場所が限定されてしまうし

健康の為には、そのネックとなっているお腹回りをどうにかしないとイケないので、心を鬼にして体を使わせます。

休憩したそうですが、休憩させません、歩かせます(^_^)v

予定ではこの区間でteruには2~3匹は釣ってらもうつもりが、未だボです。

堰堤を越えて、しばらくすると・・・

待望の東北岩魚とご対面です(^-^)/

これで一安心です。

こちらはと言うと、25cmぐらい止まりです。

お父さんお母さんはまだ動かないようです(^_^ゞ

釣れる岩魚はみなお腹パンパンで、まるでだれかさんのようなスタイルです。

良く食べて、良く寝て、運動しません、不摂生の賜物なのでしょう( ̄0 ̄;)

隣の支流でラスト勝負です。

自分のペースで釣った方が良いかなと思い、短い区間ですが別々に釣りあがります。

やはり大物とは出逢えません。

昨年からの嫌な流れを引きづっているようです。

まだまだ初日、焦る必要はありません。

今回はガイドだし、teruが東北を満喫する事が最優先だしね。

長距離移動でもあったわけで早めの温泉へ!!

と、その前に明日の天気をチェックします。

すると・・・

どうやらこの周辺明日は日中雨降りそうです( ´△`)

まだ増水しているし、雪代収まってないとこあるし

悩みます。

しばし考えます。

結論、予定変更!!

明日は岩手にします。

と言う事に岩手に進路を変えます。

徹夜の長距離運転だった上に、これからの移動はチト辛いが仕方ありません。

と、その前にteruを連れて行きたい温泉に向かいます!

teruも大の温泉フリークなのです。

好みのツボは把握しているので、間違いなくストライクゾーンど真ん中だろうと思う温泉へ連れて行くと・・・

軽く興奮気味です。

ナイスリアクションで連れてきた甲斐があります(^_^)v

途中ラーメン食って、岩手の目的地に着いたのは確か20時半頃だったかな。

teruはあまりお酒のみません、それなのに”あの”お腹なのです。

軽く飲む程度にし10時就寝・・・

明日に期待です。

photo by teru

photo by teru

岩手

2018年5月25日(金)

天気 : ピーカン のち 曇り 夜小雨

気温 : 15℃~23℃

水温 : 7.5℃ → 8.4℃ → 9.0℃

水量 : 増水

ハッチ : コカゲ、ユスリカ

釣果 : 岩魚

Hit Pattern

 スパイダー #16、#14

 CDCバイオットスペントNo.001  #14

 ネジブラパラ #13

 CDCカディス #12

2日目です!!

4時半に目が覚めるも、気持ち良い2度寝をします。

5時30分頃シュラフから抜け出し外をのぞくと、気持ち良い青空です。

夜の冷え方は想像以上で、外飲みの為にはもう少し防寒が必要だったかも

と、寝ぼけながらボ~~とします。

このボ~~とする時間とても大切です(^-^)/

それにしてもteruと東北に行くことになんて想像もしていませんでした。

東北の渓を一緒に釣り上がる

ほんと驚きです。

アイツも驚いてると思うよ。

まっ、次があるかは分からないけどね(爆

第一候補に向かいます、先行者なし!!

やはり水キンキンです。

スタート時はスローな感じでしたが徐々に活性あがるのが分かります。

今日の渓もteruが狙いやすい規模の渓をチョイス。

キャスティング、メンディング、プレゼンテーション、コントロール、どれもまだ2年目。

出来るだけ難易度低い渓でないと辛いと思いチョイスした渓です。

でも、なかなか1匹目が出ません。

こちらは徐々にサイズアップしているし数もそこそこで、雰囲気は悪くない。

あまりアレコレ言っても混乱するだけだし

そもそも人の話は聞いているフリだけだし(^_^;)

8時頃から11時過ぎまでやるも、このまま上流詰めても状況はあまり変わらないだろうと判断し中流に移動します。

自分のペースでやった方が良いかと思い、自分は下流に歩いてから入渓します。

ポンポンと釣れるけどサイズアップしません。

やはりお父さんお母さんはまだ寝ているのか・・・

岩のエグレではなく、泡の下でジッとしていて、たまたまフライを見つけたら、とりあえず食ってみるか!

そんな感じの出方です。

午後になってから比較的緩いところに定位している魚がチラホラ

開きにも出るようになりました。

サイズは置いといて、サイトでの釣りも成立です!

teruに追いつき確認すると、未だノーヒット(^_^ゞ

でも、そろそろ来るんじゃないかなと思い、自分はやった事のない支流に潜り込み、teruには自分のペースで釣り上がってもらいます。

ただ、離れるとちょっと心配です。

自分の釣りに集中するのが難しくなります。

そんな中、ようやく9寸が来ました。

この9寸が今日一でした。

やっぱ大物との縁がないようです(^_^ゞ

戻って確認すると・・・

待望の1匹目とご対面を果たし満面の笑み!!

更に大きいのをバラシたようでとても悔しがってます。

その悔しさを忘れずにいればスキルアップ出来るはずなのですが、何せすぐに忘れます。

物事自分の都合の良い記憶に書き換えます、苦い記憶がいつの間にか美談にかわるのでしょう(  ̄▽ ̄)

気持ちイイ青空が広がります!

昨夜の寒さが嘘のように日差しは暑い

結局teruに2匹目は訪れる事なくタイムアップです。

本人はそこそこ楽しんでいるようだし、まぁ釣果はね。

でも、もう少し東北の岩魚の感触を堪能させたいのだが・・・

明日に掛けよう! と言うわけで温泉へGOです!!

晩飯を済ませ車中泊ポイントに向かうと

第一宴会場には先客が

仕方ないので

第二特設会場で宴会スタートです!!

昨日のこと、今日のこと、初めての東北、初めての秋田、初めての岩手、teruのオモロイ話しで盛り上がります。

たまにイラッとすることあるけど、慣れです。

容赦なく突っ込み入れます。

容赦ない突っ込みも、的確な指摘も、すぐに忘れるのであまり意味ないのですけどね(  ̄▽ ̄)

7時半ごろからスタートした反省会も10時前にお開きです。

シュラフに潜り込み、速攻夢の中へ・・・

夢の中で、窓をノックし自分を呼ぶ声がします。

でも、夢の中なのでシカトです。

そしたらなんと、携帯鳴らして無理やり起こすヤツ(ー_ー;)

ヤツの一言

 『 もう寝てたのかよ! 』

あれほど夜食は止めなさい!!

と忠告しておいたのに、自分が寝るのを待って、小腹がすいたからカップラーメンを食べたらしい。

テント内でバーナー炊いて湯を沸かす

なんと水をテント内にぶちまけ大参事だったらしいです。

自業自得ですよね~~( ̄0 ̄;)

明日、ラストです。

photo by teru

photo by teru

岩手

2018年5月26日(土)

天気 : ドピーカン

気温 : 7.8℃ → 9.3℃

水温 : 13℃ → 20℃

水量 : やや増水

ハッチ : コカゲ、ユスリカ、カディス

釣果 : 岩魚

Hit Pattern

 スパイダー #16、#14

 CDCバイオットスペントNo.001  #14

 羆パラ #14

 ネジブラパラ #13

 CDCカディス #10

あっという間の最終日です。

楽しい時間と言うものは、ほんとにあっと言う間ですよね、充実していた証拠です。

2日間の状況を踏まえると、今日も苦戦必至でしょう(^_^ゞ

でも、気持ち良いとこでteruに東北を満喫して欲しいので第一候補はアソコと決めていました。

ダメなら第二第三までありますが、やっぱり第一候補に入りたい。

5時前に目覚めるもシュラフの中でウダウダと・・・

昨日同様5時半頃に外に出ます、冷えた空気が気持ち良い!!

と言うか、朝寒いですf(^_^;

コーヒーを味わいながらまったりした朝の時間を存分に噛みしめます。

と、そこに・・・

山菜取りのおっちゃんが登場

仙台在住だが、なんでも10日間かけてアチコチ収穫しているらしいです。

見せてもらった蕨が立派なのには驚いた!!

何時も収穫している倍ぐらいの長さで、美味そう! と思わず言いそうになってしまうぐらいでした。

そのおっちゃんと少々話し込んでしまい出発が少し遅れます。

でも、旅先でのこう言う出会いもまた楽しいものです。

そう言うのもteruには知って欲しいしね。

第一候補には先行者なし!!

斜面が造成されていて入渓路が変わっていたから一瞬???でしたが、すんなり渓畔に降り立ちます。

この二日間気持ち良い天気に恵まれました。

流石、晴れ男二人です(^_^)v

誰かと誰かは雨雲呼び寄せるので何時も苦労します(  ̄▽ ̄)

今日は午後一までしか時間ないので早く活性上がって欲しいなぁ~とスタートすると・・・

早々に浮いてる魚を発見です!

で、速攻で1匹目ゲット。

そうこうしていたらteruにも1匹です!!!

この3日間で最速の1匹!!

狙ったポイントでドラッグフリーに流せた快心の1匹だったようです。

納得の1匹はとにかく貴重です、気持ち良さが違います

それが次の1匹に繋がる事は言う間でもありません。

20cm前後の元気が良い!

たまにお兄さんお姉さんが相手をしてくれます。

それにしても気持ち良い、最高の天気に恵まれました。

この渓は頭上が開けているのでとても解放感があります。

雲一つない青空と新緑のコントラストが最高のご褒美と思えるのは自分だけでしょうか?

美味しい空気をたらふく吸い込む

鼻の穴を全開に広げ、大好物の香りを思いっきり堪能します。

『サイコーー!』と叫びたくなる気持ち

分かりますよね!

最高なんです。

この自然を満喫できる楽しさを知ってしまったteru

幸か不幸か・・・

後は

そう、納得サイズとの出逢いです。

teruにも自己記録となるぐらいな岩魚と出会ってほしい。

今日は、魚の写真は1匹のみです!!

あとは、釣ってはリリース、釣ってはリリース、の繰り返しです。

サイトで狙い仕留める。

ココは! って言うポイントでは多少念入りに流し引き出す。

見通しの良い渓なのでteruと多少離れても居場所が確認出来るのも有難い。

マイペースでココの釣りを存分に味わってほしいので、距離を置き釣ります。

当然、自分が先行した際は、ガンガン攻めてハイペースで釣り上がります。

大きな巻き

ゆったりした流れ

絶対に居るでしょ! ってポイントです。

下流からメンディングでラインを送り込みます。

ゆっくり流れるフライ

ココ! ってポイントでシュポッと吸い込まれます。

一拍置き合わせを入れ、キターと思ったのに

送りこんだラインが想像よりもスラックが出来ていて合わせが弱かった

フライの掛りが浅くバレておしまい・・・( ̄□ ̄;)!!

昨年から続く、このココイチでヘマするパターン

でも、この時は全く凹む事もなく

尺には届かない感じだったからね。(負け惜しみか?)

最後の最後、2つのポイントで5匹追加! 最後まで納得サイズはでず

でも、結構スッキリしてます。

退渓ポイントでランチタイム!!

木陰でおにぎりを頬張ります。

心地よい風が吹き抜けていきます、こうなるとやっぱり帰りたくない病が発症しますよね。

13時30分頃後ろ髪惹かれつつ渓を後にし温泉に向かいます。

teruの釣果は計2匹、バラシ多数

2匹釣った喜びもですが、バラシた中の1匹を悔しがってます。

よしよし!

このバラシが次に繋がるのです(^.^)/~~~

バラシの原因ははっきりしているから克服するのもそれほど時間掛からないだろうしね。

雪代や増水でプランを練るのに苦労しました。

自然相手だから仕方ありません、それもこの遊びの楽しさの一つです。

考えるの結構疲れるのです、ヘタなとこ連れてけないしね。

充実した3日間を過ごせました。

帰路は自宅まで交代で運転出来るので、断然楽です!!

それ以外の苦労はあるけどね・・・

teruへ  初めての東北遠征、十分堪能出来たと思います。  もっともっと楽しむためには、体重を10kgダウンさせておくれ。  そうすれば、更に充実した遠征を味わう事が出来ます。  と言っても聞き入れないのだろうなぁ~  お疲れ!!

次回東北遠征は7月の予定っす!!

photo by teru

photo by teru

※コロッケを食べるおっさん

#フライフィッシング #岩魚 #東北遠征 #車中泊

159回の閲覧