• tokuichi

長野


2022年8月19日(金)~20日(土)



2022年8月19日(金)

天気 : 快晴!

気温 : 14℃~23℃

水温 : ?

水量 : けっこう増水

ハッチ : なし

釣果 : 天女魚、岩魚

Hit Pattern

 各種パラパラ  #13

 各種CDCブラ  #13

 スパイダー  #14

 G羆スペント  #13







お盆休みはなくお仕事でした。

特にミーティングの予定が入らなかった金曜

となれば休むか!

部下の視線が気になったが、見なかった事にして1日だけ夏休み! です。


とは言え・・・

高速走りながら頭が上手く切り替えられず(^^ゞ


ゲート着15時半過ぎ

気温14℃

寒すぎです!!!


水の音が気になるが真っ暗で見えません。

まぁいいさ

とりあえず仮眠です。

でもね、中々寝付けなかった。

最近は完全に寝不足だから睡魔はあるのに、寝付けない。

1時間ぐらいは落ちてたかな

ゲートには自分の車だけだし、ゆっくりのんびりしていたが

そろそろかなと5時半頃外に出て水量確認です。


うっ・・・

けっこう増水してます。


でもイイんです。

今日は何と言っても狙いは天女魚!

綺麗な天女魚なのです。


だから増水ウェルカムなのです!!


とは言え・・・

予想よりも多いぞ(^^ゞ


まぁどうにかなるでしょ!



支度を済ませ6時林道歩きスタートです。


驚くほど涼しいぞ、なんだこの涼しさは!


全然汗かきません。


良いペースで歩き、入渓ポイント着7時です。


いや~、やっぱ水量多い。


川幅そこそこあるんだけど、こりゃ対岸に渡るの苦労するな

対岸に渡れないと先に進めない箇所が何ヶ所かあったぞ

なんて思いつつも、気分的には余裕あり


この増水を狙ってきたんだからね!





狙い通り活性高し!!


でも、予想と違い、岩魚の活性が高いのです。

この渓で、ココまで岩魚の活性が高いのは初めてです。


2時間でツ抜け

でも

2時間で対岸に渡れたのは2回

けっこうギリな感じで渡った

水圧強くて、普通に歩くのも難儀する


でもね、これだけ魚の活性高ければ先に進むでしょ!

もちろん、無理しないよう注意しつつね。


前半は6対4で岩魚優勢でしたが、中盤以降は天女魚祭り(^_^)v


この渓はやはりパラシュートパターン反応良し!

CDCでも釣れたけど、圧倒的にパラです。



対岸に気になるポイントがあります。


でも、絶対に渡れません。

一度チャレンジするも、片足完全に持ってかれ危うく流されるとこでした( ̄▽ ̄;)

この時は流石に心臓バクバク(^^ゞ


無理せずこちらから狙うぞ


立ち位置をやや上流にします。

間にはガンガンの流れが2本あります。

メンディングしても2本の流れをコントロールするなんてスキルは持ち合わせてません。


3投目

フライ着水と同時に大きくメンディングを1回

フライが狙ったレーンをトレースします。

気になったポイントに差し掛かったとき

そのレーンから三角頭がスッと顔出し、フライをパクッと!

天女魚は全く疑うことなく、自分が定位していたポジションで浮上しパクッと食らえたのです。


やはり、この食わせ方は気持ち良い!

マグレでもなんでもオッケー!

自画自賛、会心の1匹でしたね。






渇水してればチョロチョロしか流れないようなところに逃げてる魚もいて、そんな時は完全にサイトです。



天女魚の活性が更にあがって来てからは、完全に流れメインで集中して狙います。


サイズもあがってきました。

どれも綺麗な天女魚!

言うことなし!








それに、どうですこの渓相? 最高でしょ!!





とにかく水圧強くて疲れます。

流の中を歩く事が多いから普段より釣り上がる時間が掛かる。

ポイントしか目に入らず足を進めると、厚い流れに足を持っていかれるから、一歩一歩慎重にならないと危ない時もある。

本当なら巻かずに進めるところも、巻いて進む

自分トラップで引っ掛かり左膝強打、悶絶ししばし動けなくなる( ̄▽ ̄;)


こんな時は慌てずゆっくりです。

でも、途中退渓ポイントないんだよな(^^ゞ



少しペースを上げて釣り上げるも、この感じだと退渓ポイントまでたどり着けない。

GPSで現在地を確認、地形図を確認し、退渓出来そうな所の目星つけそこまで進みます。

そこに行くまで、退渓側に渡るのもまた大変f(^^;

この厚い流は膝上ぐらいの水深だとほんとギリなんです。

なんとか渡りきり、斜面を見あげるもこの辺は絶対に無理だな。

もう少し先だ、進みます。



この天女魚が最後の一匹となりました。

パーマークに特徴がある綺麗な一匹でした!






なんとか上がれそうな斜面を見つけます。

でも、見えるのは途中まで。

新しい退渓ルート見つけるぞ。

と言う意気込み!



と、その前に休憩です。

ボトルに予備のペットボトルから飲み物を入れ替え、顔を洗って体勢整えます。


斜面に取りつき少し進んだところであることに気がつく

なんと、先程飲み物を補充したボトルが腰のホルダーにない( ̄▽ ̄;)


登ってきた斜面を降りて確認するも見つからない

歩いたルートを確認するも見つからない


やっべぇーーーぞ


決断します。


ここで歩き回って消耗するのはやめて先に進む!



仕切り直し、14時20分。

地形図から進めるルートは限られてる、あとは実際の地形を見て判断しながら急斜面を登って幾と・・


あの先が林道だろう!

と、思える所にようやくたどり着く。


がしかし、違った(^^ゞ

右に行きすぎたようで、開けたその先は、小尾根の先にある谷でした。

ちょい左だったか

もう一度冷静に地形を確認し、あっちだな。

あの大岩の先、たぶん岩のどちら側でもイケるだろうが、安全なのは右、でも右は踏み外すとヤバシ。

慎重に進みクリア!

無事林道到着!


何時もの斜面と斜度は変わらないが、藪漕ぎなかっただけ助かったかな。

で、喉の乾きは・・

まだ大丈夫。

あとは林道歩きだけ、1時間20分ほど歩き、16時前無事車到着。


ボトル紛失した時はマジで焦ったけどねf(^^;

これまでは、予備を移す場合、全部入れず必ず少し残しておくのに、今回は全部入れてしまった。

反省です。



さて、温泉です。

温泉イン17時!

晩飯も済ませ、車中泊ポイントへ向かいます。



反省会19時スタート!

気温20度、ちょー快適です。

ビールがうまい!!

ちなみに、車中泊ポイントは貸し切りです。





だいぶ冷えてきた、上着を一枚来て更にお酒を堪能です。

結局、ビール1杯、ハイボール5杯、ロック1杯。

※小さいグラスね



チェアに深く腰かけた状態で危なく寝落ちしそうなぐらいf(^^;


まったり、ゆったりした時間です。


歯磨きして

静まり返ったこの時間を改めて噛みしめ・・

22時前シュラフへゴー

即夢の中へ
















 

2022年8月20日(金)

天気 : 晴れ のち 曇り のち 雨

気温 : 18℃~22℃

水温 : ?

水量 : やや増水

ハッチ : なし

釣果 : 岩魚、天女魚

Hit Pattern

 各種パラパラ  #13

 各種CDCブラ  #13







おはようございます。

7時目が覚めるも起きません。

至福の二度寝です!


7時20分、今度はちゃんと起きます。


今日はゆっくりなのです。

何故かと言うと

今回一番の目的である、昨年ゲット出来なかったブツを仕入れるためです。


それが、こちら!






露店にお母さんがくる時間に合わせてゆっくりしてたのです。


2年ぶりに会えたお母さん元気そうで何より!

「今年も出来は良いよ!!」ってニコニコ顔のお母さん。


友人に頼まれた分も含め15本調達完了!




さて、今回一番の目的をクリアしたので、どうするかなと。


と言うのも、雨雲が昼前には広がりそう(^^ゞ

このまま帰ろうかなとも思ったけど、まだ9時だしな。


そんじゃ、新規開拓です。


目星つけていた沢を目指します。

地形図で確認していた道は通れなかった。

地形図には反対側からも点線が延びてる。

と言うことは・・

余計に調査したくなるじゃないか!

とりあえず反対側に周り、荒れた林道を進むと・・

これ以上は無理! 進めない!

Uターン出来ず、バックで戻り一旦車を止められるとこで考える。


コレなら人はあんま入ってないな!

でも、その目的の沢の流れをまだ見てないぞ。

行くでしょ!


しばらく歩いて流れが見えるとこまで行くと・・

地形図から想像していた感じとはかなり違った(^^ゞ

まぁ、そう言うこともあります。





いや~~驚いた。

開始2投で2匹!


この渓、魚影が濃い!


アベは7寸ぐらいだけと、とにかく魚影が濃いぞ!



落差がそんなにないから渇水だとみんな下るかな。

周囲が増水の時のお助け沢認定です。

沢に名前がないので秘密の沢3号だな。


ちょっとづつサイズアップしてきたし、イイサイズ出るんじゃね?



ナイスなポイントです。

手前と右で一匹づつ

本命のど真ん中奥

一発!

ネットフレームオーバーです。





ヤマトの血が入ったのもいたけど、基本はニッコウです。

でもね、そのニッコウなんだけど、背中の模様がこの地域ではあまり見ない虫食い模様が多かった。

東北で見られる感じの虫食い模様です。

これにはちょっと驚いたな。

岩魚は沢毎に違いがあるのも特徴だけど、この辺では見ない岩魚です。


更に驚いたのは最後の1匹が天女魚でした。

これは、本流から遡上してきたか、まさか誰かが放流したか???



2時間ほど探釣を楽しみ引き上げる事にしました。

そろそろ雨雲が掛かる頃だしね。


車に戻るとポツポツ落ちてきた、ナイスなタイミングだったようです。




帰路・・


高速でのBGMは


「オリビアニュートンジョン」


小僧の頃、世界にはこんな可愛い人がいるのか! って驚いた。

声も歌も大好きでした。


金髪に憧れたのはこの頃からかな(^^;)


ご冥福をお祈り申し上げます。




高速は渋滞始まるのが早く上野原から捕まりましたが、睡魔に襲われる事なく帰宅出来ました。

そりゃそうだ、昨夜あれだけ寝たんだからね。



短い夏休み終了!!









#フライフィッシング

閲覧数:77回

最新記事

すべて表示

山梨

長野

東北遠征