• tokuichi

長野


2022年9月17日(土)~18日(日)




2022年9月17日(土)

天気 : 晴れ のち 曇り

気温 : ?

水温 : ?

水量 : やや渇水&渇水

ハッチ : ?

釣果 : 岩魚、天女魚

Hit Pattern

 ピーコックパラ  #13

 CDCカディス  #14

 スパイダー  #15







今日は、tabiさんとnatsuko嬢のガイドです。


待ち合わせ場所についたのが3時過ぎ、気温15℃です。

3時間ほど寝て、みんなが到着するのを待ちます。


支度をしていたら到着、たしか7時45分頃だったかな。


旦那のdaiは別行動です。


お嬢は今年2回目、1回目はボだったと。


となるとガイドとしてはかなりプレッシャーを感じるわけです。

これで、もし、今回も魚の顔を見れなかったら、来年までずっと言われ続けるわけで・・・

なんとしてでも釣らせねば!!


超大型台風襲来でどうなるかと思ったけど、良い方向に進んでくれたようです。

今日1日持ってくれれば十分!


幾つか川を除くとどちらかと言うと渇水している感じでした。

さて、どうなる事か!?



8時45分スタート!!



前半は思いの外反応が薄かった、渓チョイス間違ったか?

と、この時は少々焦ったけど、自分を信じ釣り上がり、二人の釣りを楽しみます。


初めに釣ったのはなんとお嬢!!


早々に釣ってくれたのでガイドとしては、これほど助かる事はありません!!





お嬢の釣りを見るのは久しぶりだったのですが


正直言って驚きました。


初心者とは思えない攻め方をします。


流石、オトンとオカンの血を受け継いでるだけあります。


教えてもらい学んだのではなく天性のものだと思う。


1年間コンスタントにやれば、その辺のおっさん達よりも間違いなく釣果を伸ばせるようになる。

そんな可能性を感じました!




10時を過ぎたころから活性が上がり始めた。

サイズは伸びないけど、釣れてくれる、これ大事!


お嬢はヒットすると、魚をブランブラン・・・

ネットを出すと言う動作の余裕がないのか(^^ゞ


まぁこれはオカン譲りだな。



午前中でなんと3匹も釣ってくれたお嬢、言う事なし!


tabiさんは、娘が楽しんでくれればと言う見守り方ですね。

とは言え、そこは釣り師、後半戦ではtabiさんが熱くなります。



少し移動し後半戦は別の渓をチョイスします。


こちらの方が渇水している(^^ゞ


こちらの渓の方がサイズは期待できるんだけど、これだけ渇水だとね、ちょい厳しいかなと思うけどそのまま入渓です。



この時点で、お嬢の体力はエンプティ状態でした。


名誉のため、”なぜ?”かは伏せさせて頂きます( ̄▽ ̄;)



体調を確認しつつ釣り上がります。

怪我しては大変ですからね。

なにより、お嬢が怪我したらオトンに怒られるし。


お嬢がそんな状態だし、そろそろ上がるかなと考え始めた頃

なんか分からないけど、tabiさんスイッチオン!!


自分の釣果に納得が出来てないようで、集中力マシマシで攻めてます。


ナイスサイズをばらして、更にスイッチオン!

ナイスサイズをばらして、更に更にスイッチオン!

そして

更にばらして、テンションMax!!







もう誰にも止められません。

ガンガン釣りあがります!


こんな姿は普段あまり見せないのですが、相当悔しかったようです。

娘の前でやらかし

娘にはまだ負けへん

そんな強い意思をヒシヒシと感じる後姿でした。


お嬢は1匹追加、でもそろそろ限界かなと言う感じ


tabiさん頑張れ!!


願いは通じ、今日一をしっかり撮影出来ました。


これにて終了!!




温泉を堪能し、daiが先にチェックインした宿に二人を送り届け一旦解散です。


後ほど晩飯のレストランで待ち合わせ


自分は車中泊ポイントへ向かい、寝床のセッティングを済ませ


おさきに! と、プシュッといかせて頂く!!


ガイドお疲れ!!


時間になったので徒歩で移動し、今夜の宴会場を目指す。

目指すと言っても徒歩5分だけどね。


今宵はイタリアンです。


飲んで食って大騒ぎです。

イタリアンですが、宴会場です。






このお店にはオトンと二人で来た想い出もあるのです。


娘夫婦とこのお店で一杯やっているのはなんか少し不思議な感覚もあるけど

今日は、お嬢にちゃんと釣らせたし、オトンも納得してくれてるでしょう!


18時過ぎスタートした反省会も22時お開きです。

3人とはここでお別れです。


ご馳走さまでした!!!



車に戻って、更に一杯やって就寝・・・




















photo by tabi-san


photo by tabi-san


photo by tabi-san





 

2022年9月18日(日)

天気 : 晴れ のち 曇り

気温 : ?

水温 : ?

水量 : やや渇水

ハッチ : ?

釣果 : 岩魚

Hit Pattern

 ピーコックパラ  #15

 バイビジ改  #16

 スパイダー  #15

 CDCカディス  #14






爆睡でした。

シュラフに潜り込み即落ちてたと思う。

6時に一度目覚めるも、急ぐ必要ないので二度寝です(^_^)v

トイレに行きたくなったので7時起床。


外は・・・

晴れてる!


午前中持ってくれれば良いかなと思ってたけど、どうやら午後も持ちそうな感じです。


ボーーーとしながら行先を考えます、天気持ちそうだし、それならば!


少し移動します。

移動途中ログに顔出すと、オズさんが奥様と朝食をとられてました。


かくかくしかじかで、と説明し、ちょっとだけでしたがお顔を拝見出来たし目的の渓を目指します。


今日は最奥をつめたいから、入渓ポイントをいつものところよりも更に先にしようと少し早めのペースで林道を歩きます。

9時15分スタートです。


ん?

なんか渋いぞ!


思ってたよりも反応少なく、サイズも小さい・・・

抜かれた?


でも、ココはそんなに人は入ってないと思うんだよね。

痕跡はあるにはあったけど( ̄▽ ̄;)


今日の目的は、源流どこまで魚がいるか確認すること!

だから前半は飛ばし気味で攻めます。


やったことのない区間に入って、少し反応が変わってきました。

渓相は変わらず抜群です。







ガンガン釣り上がる、写真は撮影せず、とにかく奥を目指します。


前半はフックサイズ落としてなんとか

それでも何匹かはスレでのヒットでした。


それが後半は、どいつもこいつもバックリ!


サイトで狙い撃ち!


カディスが良い仕事をしてくれました。


小さい沢が幾つも流れ込んでた、そろそろ流れが細くなるかなと思ってた区間になったけど

いやいや全然イケる!


地形図上で目星をつけていたあたりまで来たけど、まだまだ魚はいるし

時間も時間、小場所は飛ばし、ラストと決めたポイントで今日一に出逢えました。






時間切れで終了です。

なんだかんだと20匹以上は釣ったし十分ですね。



でね。

途中分かった事が、この渓は使われてない林道が奥まで通っている。

地形図の林道は間違っている。

と言うこと。

これは奥まで来てみないと分からないことです。


退渓するのに少々藪漕ぎしたけど、難なく林道に出ました。


これで、この渓の全容が大体把握出来た、これは大きい収穫です。



14時車に戻り温泉へ向かいさっぱりスッキリさせ帰路につきます。



高速では久しぶりにスプラッシュマウンテン状態を味わいました。

タイヤ交換してたので安心して走れたけどね。



2日間天気が持ってくれて、tabiさんとお嬢が堪能してくれた。

言う事なしでした!!










#フライフィッシング

閲覧数:56回

最新記事

すべて表示

山梨

長野

東北遠征