top of page
  • 執筆者の写真tokuichi

長野


2023年7月15日(土)~16日(日)



2023年7月15日(土)

天気 : 明け方小雨  曇り たまにお日様 一瞬ポツポツ 夕方晴れ

気温 : 18℃~21℃

水温 : 11.6℃

水量 : 増水

ハッチ : 小さいトビケラ

釣果 : 天女魚、岩魚

Hit Pattern

 各種ブラパラ  #13

 各種CDCブラ  #13

 スパイダー  #15

 羆スペント  #13






23時半自宅発


ダッシュが待っている長野を目指します。


諏訪を過ぎた辺りから雨・・・

ゲート着4時過ぎ、雨です(^^ゞ


ダッシュは既に起きていたけど、この雨だし、少し仮眠させてもらいます。

5時20分、車の屋根に落ち着ける雨音はするが、着替え始めます。


ダッシュはこの雨音であんま寝られなかったらしい、慣れが必要ですね。


支度していたら小雨になってきました!


林道歩き6時前スタートです。

レインウェア着てスタートとなったが、とにかく蒸し暑くてね。

そうこうしてたら雨は上がりそうな空になり、テンションあがります。


と、その前に心臓破りの坂をクリアする必要がある!


鈍った体にはこのぐらいの坂が丁度良い、ペースを落とさず二人ともイイ感じで歩きます。


蒸し暑くて、汗びっしょりです(^^;)


降下ポイント7時40分ぐらいだったかな。

倒木やら藪漕ぎやらで、プチ障害物競走を堪能し、渓に降り立つ。


増水・・・


イイ感じです!!

これは・・・

ウフフだな!!

と言う雰囲気が充満してます。


慌てずゆっくり支度し、まずは一服

その間に、ダッシュに先行してもらいます。


早々に岩魚とのご対面を果たしたようなので


では、わたくし行かせて頂きます。




そんで、初めのポイントで・・・






尺天女魚!!



狙ったレーンよりちょい手前を流れたフライに


ヌ~~~と近づき


パクっとくわえ


ゆっくり反転する


丸見えでした。



一切疑わず、警戒心ゼロ


増水の恩恵ですね。


しっかり合わせ、やり取りを味わい、一発でネットイン





唯一残念なのが、今回も撮影はスマホと言うこと。


もっと綺麗な写真に残したかったが、仕方ないね。



出来過ぎスタートで、二人ともテンション爆上がりです。


ちょーー活性高し!!


爆釣です。


面白いように釣れます。


フライ総動員で戦います。




今日はゲーターにしたんだけど、水が冷たくて、膝上まで入ると冷える冷える


時折、冷気が流れてくる、かと思ったら温い風が吹いてきたり、冷えた体がなかなか温まりません。

たま~に、お日様が顔を出します。お日様の温もりを全身で感じとり、まるで光合成をしているかのような状態になります。



魚の機嫌はずっと上々だから、ガンガン釣り上がる二人。







ほんと、良いタイミングに当たってくれました。

先週に続き、ラッキーです!!




ミスった中にはナイスなサイズもいたが、まぁ良しとしよう!

と、かなり余裕なわたくしです。


中盤、二人とも少々雑になっていたので、休憩入れつつ気合入れ直します。



活性高く、好ポイントだらけなので、なかなか距離が出ません。

小場所は飛ばしペースを上げます。

今日は、このまま源流を出来るだけ奥まで詰めたいと思っていたからね。



ダッシュは、岩魚8:2天女魚

わたしは、岩魚2:8天女魚


と言った違いが出た。

狙っているポイントによるところもあるが、たぶんフライの違いが大きい気がした。


徐々に、岩魚が多くなってきて、ダッシュがナイスな岩魚を連発します。







退渓時間が迫ってきました。

予定していたとこまではたどり着けそうにないので、支流が分岐するポイントまでは行こう! となり飛ばしギミで釣り上がります。


いよいよ、だな。

14時30分、時間いっぱいです。



いや~~、良く釣りました!!


でもね、実は、いきなり尺天女魚きちゃったから、今日は尺岩魚とのダブルだ!!

って、密かに狙ってたんです。

欲を出してはダメですね( ̄▽ ̄;)



さて、撤収です。

帰路は2時間です。


2人とも上機嫌で林道歩きを楽しんでいたら・・・




熊!!


完全に油断してました。


小熊を連れたオカンです。


この、オカン


一度立ち止まり、こちらにキッチリ睨みを利かせる


まるで


「分かってんだろうな、オマエら!」


って言われているような・・・


2人ともピタッと止まり、オカンの迫力に圧倒されます。


で、小熊を引き連れ、何事もなかったように余裕の雰囲気で、慌てる事無く、藪に消えて行きました。


ホッとしたら、なんと、更に小熊がヒョコっと現れ


コチラに気づき、興味アリアリな感じで、こちらに数を歩いてくる。






おいおい、オカンに怒られるだろ!!


やめなさいって!



慌てて、鉄砲を撃ち、踏み止まらせます。


クルッと反転に、オカンの方に向かっていき、再度ホッとするおっさん達。


距離にして40mぐらいでしょうか。


親子熊は過去にもありましたが、小熊2頭は初めてです、ラッキーですね。

ほんと、小熊の可愛さと言ったらね。



3頭の家族が消えた藪の先、こちらからは目視出来ません。

斜面を登って行ったであろう方向を注視するも、分かりません。


ちなみに、ついさっきまで我々が釣りしていた、川の方の藪から現れたのです。

完全にニアミスしていたみたいですね。


ベアスプレーを出し、安全装置を外し、徐々にその場所に近づき突破しました。


完全に油断してましたね。

もっと下流域では目撃情報そこそこあるから、いつも注意していたのですがね。反省です。



しばらく進むと、先ほどオカンの落し物が・・・(^^ゞ







予定通り2時間で車に戻り、お次は温泉です!

心地よい疲労です。

今日の温泉は格別でしょ!



向かった先の温泉は・・・


なんと日帰りが15時までに変わってた( ̄▽ ̄;)

オーナーが変わり、昨年秋にリニューアルオープンした温泉宿なんだけど、以前は時間制限なんてなかったのに、宿泊先優先と言う方針に変わったのか。

15時まででは、もう利用する事はないね。


と言う事で、別の温泉へGO!


この時間だし、激混みを覚悟していたけど、駐車場は思いの外空いててラッキー!


たっぷり温泉を堪能し


車中泊ポイントへ向かいます。




そこには、前日から楽しんでいたteruが既にスタンバって待っているのです。


予定通り18時30分ピッタリに現着、なんて時間に正確な男だろう。




セッティングを済ませ


反省会開始です!!



ネタが多くて多くて、話が尽きません。


イイ感じに盛り上がり


本日のメインである『すき焼き』をteruが仕込み始めます。


美味し!!





少し冷えてきたので、最高に美味かったです!


すき焼き以外の肴は私が用意し、お酒を堪能です。


サイコーな雰囲気の中、盛沢山な1日を〆るには、これ以上ありません! と言うシュチエーションです。



ダッシュが撃沈


2人で続行です。


たしか22時30分頃だったかな、いよいよお開きとなり、片づけを始めます。


美味しい食事でした、ゴチになりました!



23時就寝です。


明日は、のんびりゆっくりとする予定です。

















photo by ダッシュ


photo by ダッシュ


photo by ダッシュ


photo by ダッシュ




 

2023年7月16日(日)

天気 : 曇り のち 晴れ

気温 : 19℃~23℃

水温 : ?

水量 : 平水、渇水、ちょい増水

ハッチ : ?

釣果 : 岩魚、天女魚

Hit Pattern

 各種ブラパラ  #13

 各種CDCブラ  #13

 スパイダー  #15






6時過ぎ起床


夜中暑くてシュラフから抜け出してたけど、もちろん爆睡です。


まったりした時間を、ダッシュに淹れてもらったコーヒーを味わいながら過ごします。


今日は、ダッシュは釣りせず帰宅、なもんでteruと二人です。


さて、どうなるんでしょうね?


昨日の疲れが残ってます(^^ゞ


でも、teruとなので、お手軽なとこ限定なので余裕ですけどね。


7時過ぎ、車1台にし行動開始です。



第一候補にすんなり入渓、ラッキーです。


ココは渓相抜群で、釣り上がりも楽しく、何と言っても魚影が濃い。


teruでも十分楽しめる渓です。






それが・・・


なんか雰囲気が・・・


全然反応ありません(^^;)


1時間で、チビが1回あっただけ


いやいや、これはないでしょ、どした???


雨が続いていたから魚は移動したか???

餌師に抜かれたか???




そうこうしていたら、後方にいたteruが、慌てて近寄ってきます。


額に汗かき


表情がテンパってます。

とっても分かり易い表情なのです。


何かやったな、明らかに分かる表情です( ̄▽ ̄;)


話を聞くとリールがおかしいらしい


渓流用の定番手リールが壊れるって、そうそうないよね?


だから、すぐどうにかなると思ったけど


どうにもならなかった(-_-;)


このタイミングで壊れるとは・・・





どうにもならんので、引き返して、仕切り直す事にしました。


自分の予備リールを貸す事にし、違う渓に移動します。




2本目の渓


全然増水してなくて、渋い(^^;)


おまけに蜘蛛の巣が結構酷いし(^^;)


1時間半ほどやって更に移動する事にしました。




3本目の渓


時間が時間だし、先行が心配でしたが、ナイスなポイントでヒットしてくれたので、このまま、ココでラストまで楽しむ事にしました。


teruもイイペースで釣れてます、一安心です。





終日曇り予報だったけど、しっかりお日様出て、気持ち良い岩魚日和を堪能です。


teruが、なかなか上達しないので、幾つかレクチャーし宿題を意識させながら釣り上がります。

今のままでは小渓流でしか勝負出来ないからね。


フライフィッシングのテクニックより、まずはダイエットすることが最優先なんですけどね( ̄▽ ̄;)




3本梯子し、1時過ぎ納竿としました。


teruが堪能してくれたことが一番です。


わたしは、昨日の疲れもあるし、まぁこんなもんでしょと言う感じです。

今日は、お魚の写真ありません。

主役は、魚ではなく、teruなんでね( ̄▽ ̄;)



もちろん、その後は温泉!


高速にのり、早々に睡魔に襲われたので、速攻仮眠をとりました。


1時間ほど仮眠をとると

エグイ渋滞が既に始まってました。


こうなると慌てても仕方ないので、いつものルートで渋滞回避し、自宅着が22時ごろでした。

仮眠明け、4時間半ノンストップはちとしんどかったけどね(・_・;)



あっという間の2日間でした。


でも、とっても濃い2日間でしたね。




お二人さん、おつかれ!!









photo by teru


photo by teru


photo by teru

閲覧数:101回

最新記事

すべて表示

山梨

長野

Comments


bottom of page