top of page
  • 執筆者の写真tokuichi

山梨


2023年9月16日(土)

天気 : 晴れ

気温 : 暑い

水温 : 温い

水量 : チョロチョロ

ハッチ : ?

釣果 : 岩魚

Hit Pattern

 各種テレストリアル  #16、15

 CDCスペント #16






今シーズンは終わってしまったと思っていた。

それが、金曜夕方になり都合がつく事になり、急遽出撃。


慌てて支度し、車に荷物をブチ込み出発です。



2時30分頃現地着

小雨が降ってる、これではお湿りにもならないなってぐらいの降り方だけど、ないよりマシかなと思いつつ、シートを倒して仮眠です。


どのぐらいかな? 1時間ぐらい? 車が1台来て目が覚めたけど、まぁイイかと再度目を閉じる。

そうこうしてたらもう1台きた。

時間は5時過ぎだったかな、ウダウダしていたら外が明るくなってきたので起きて、後から来た方と少し話をしたら、この方はキノコでした。

初めに到着した車はたぶん2名だったけど、既にもぬけの殻・・・

真っ暗な中、即出かけたって事は釣りではなく、同様にキノコだろうね。




5時30分林道歩きスタートです。



今日は・・・


・釣り

・キノコ

・栗

・温泉


この4点セットなのです。

なんとも贅沢な1日なのです。


今日の渓は、なんと5年振り!!

5年も来てなかったかと驚くほど時間があいてた、以前は毎年必ず顔出していた渓なのにね。


さて、まずはキノコです。


林道歩きながら、視線は足元、右左右左を落ち着きありません。


アッと言う間に入渓点着、30分ぐらいですね。


全く発見できず(^^ゞ


まぁイイさ、帰路で探しましょう。



渓はと言うと・・


チョロチョロな流れに、絶望感が漂いますが、不思議とテンションは下がる事なかった。

なんせ、今日は4点セットと言う贅沢な1日だからね!!


とは言え、ココは山梨!

この渇水では戦えないのは明白です。


距離を取り狙います。


でもね


ポイント2つ手前から狙っても


走る走る( ̄▽ ̄;)


こんなに距離あけても気づくんかい!


驚くほどのリスク管理です。


出来るだけ距離を置きたいけど、頭上、背後、左右、木々が張り出し、距離を置くと狙えません(^^ゞ

工夫して、会心のプレゼンで出た1匹は


手乗り岩魚(^^;)


こんなサイズで、こんなにシビアなんて、末恐ろしいの一言です。

リスク管理が徹底されてる、流石っす。





ポイントが全然なくて、遡行スピード早い。


一縷の望みである堰堤下も、じゃんじぇんポイントありません( ̄▽ ̄;)


アッと言う間に、そこそこ源流についてしまう。

一服しつつ、どーーーすっかと悩むも、この先更に流れは細くなるのは間違いない。

本当なら4時間ぐらいかかる距離を2時間強で釣り上がってしまった。


戻る!


で、帰路は、林道から逸れてキノコです!!


昔の記憶を呼びもどし、徘徊します。


が、しかし


毒キノコすら全然ない


やはり雨降ってないから、出が悪いのかもしれない。


酒の肴ぐらいは収穫出来るだろうと思っていたのに・・・(^^ゞ




車に戻ったのが確か10時頃だったかな。ちょい移動です。


それにしても暑いです。

残暑と言うにはあまりにも酷い

この辺りの標高であれば、この時期は寒いぐらいなのに、こんなに暑いなんて(^^ゞ



お次の渓も、当然チョロチョロです。


ただ、こちらは頭上が開けているので、距離をおいて狙える。

やはり渇水では、この距離ってのは大事ですよね。


アプローチさえ注意すれば、すーーーっと寄ってきて、ゆっくりパクっとくわえる。

全然、フライを疑わず、パクっとくわえる。

スレ具合の違いが、こんなに出るなんてね。



枝が幾つも折り重なり水面に刺さっている難易度マックスな巻きのポイント。

この渇水でも水浸そこそこあるから、絶対にいる!って言うポイント。


倒木をかわしフライをプレゼン出来たとしても、一発勝負だなってポイントです。


狙い通り、こう言うとこは、ナイスサイズがいるのです。


丸見えでしたが、ゆっくり合わせヒット!





お次のポイントでは


ポイント手前に倒木

左岸の岩盤沿いにはエグレ


ココも絶対いるよね、と言うポイント。


さっきのことで気を良くした自分、調子に乗り過ぎ・・・


合わせミス、そして倒木にフライを引っ掛ける(^^ゞ


なんと、さっきのより2サイズぐらいデカイヤツでした( ̄▽ ̄;)


調子にのるとこうなりますね。





流れが岩盤にぶつかり寄れが生じているポイント

魚が付きやすい教科書通りのポイント


遠目に眺めていると、魚のシルエットが浮かんできました。

食い気満々な感じのナイスサイズ!


これは確実に頂きたい!


慎重にストーキングし、バレない距離まで詰めた。


でもね、フライを何度流すも全然相手にしてくれない


フライパターンを6つも変えたけど


反応したのは2回のみ


普段はあまりしつこく狙う事はしないけど、コイツは取りたい!って思ってしまい


粘るも・・・


完敗っす(^^ゞ



最後まで、良型が出てくれて、朝一の渓での鬱憤を晴らす釣果になりました。

シーズンラスト〆るには、やはりこうでなくてはね!!





スッキリです。



車に戻り、お次は栗です。


二か所回ったけど、収穫なし( ̄▽ ̄;)


全然ダメでした。


やはり雨降ってないからなのかな


実が付いてないのでしょうね。

全然落ちてなかったし、時期も遅れているのかな。


まぁでもこういう時もあるしね、こればかりは仕方ないです。




はい、気持ち切り替えラストです。


ラストは温泉です。


朝一の渓があまりにも早く終了したお陰で、タイムテーブルがだいぶ前倒しだった。


なもんで、温泉INが、なんと14時半!!


そしたらね・・・

なんと日帰り入浴は15時からと( ̄▽ ̄;)


もちろん、待ちますよ、車でちょい仮眠し待ちます。


ところで、温泉は毎回利用してるのに、なぜ今回特別感があるかと言うと・・・


実はね、今日の温泉は、たぶん4年振りなのです。

通い続け25年ぐらい、毎年ずっと通ってたのに、この4年は諸事情により利用できなかったのです。

だからね、絶対に! だったのです。


15時過ぎ、一番です。

もちろん貸し切りです。


備忘録)

この4年での変化です。

・風呂場に新しい天井が出来ていた。元は吹き抜けで解放感があったので、ちょい残念だったかな。

・風呂場の壁が綺麗になっていた

・フロントに新しい女性スタッフが配置されていた。笑顔が素敵な明るい感じの女性で◎。

・玄関前の池に、派手な錦鯉が増えていた。



久しぶりにこの温泉を堪能し、終わりよければ全て良し的な〆方を迎えられ、大変満足する1日となり文句なし!

気持ち良くシーズンを〆る事が出来ました。


はい、本当に今回がシーズンラストっす!!




改めまして、今シーズンもお世話になった方々、ありがとうございました。














閲覧数:72回

最新記事

すべて表示

長野

長野

bottom of page