top of page
  • 執筆者の写真tokuichi

長野


2023年8月25日(金)~26日(土)

天気 : はれ!

気温 : 19℃~

水温 : ???

水量 : ちょーーーーー渇水

ハッチ : ?

釣果 : 天女魚、岩魚

Hit Pattern

 CDCピーコックブラ  #13、15

 バイビジ改  #16

 スパイダー  #16

 




現地着3時30分過ぎ

もち仮眠です。


うとうとしてたら、車の音が・・・


ダッシュが到着です。


お互い事前に約束したわけではなく、たまたま同じ日程で同じ渓となったのです。

あっ、ダッシュは夏休みで前日から違う事を堪能していたようだけどね。


ダッシュはしっかり睡眠とったようですが、こちらはね。

と言う事で少しだけ寝させてもらい、30分ほど仮眠をとります。


わたしがゲートに到着した時、既に1台車がいてお休みのようでした。

支度している間に起きてくるかなと思ったけど、全然起きる気配がない(^^;)


ん~~、困りましたね。

もう少し待とうと、だべっていても、変化なし(^^;)


と言う事で、申し訳ないが、林道歩きスタートです。

確か5時50分ぐらいだったかな。


今回は、お互い示し合わせたわけではなく、入渓区間が違うのです。

ダッシュは源流部、林道歩き2時間コース。

わたしは、林道歩き1時間コース。

です!


渓はと言うと・・・


やばいってぐらい渇水です。

まさかこんなに渇水しているとは( ̄▽ ̄;)


お盆の台風は全然影響なかったようです。

その後も気休め程度の夕立があるぐらいだったのでしょう。


こりゃ厳しい1日になるぞって思わせてくれるには十分な渇水です。


予定通り1時間歩き、ダッシュと別れます。



汗が引くのを待ちスタートです!


初めのポイント


ココでチビが反応するかどうかで、この日の状況が少し分かったりする。


さてさて、魚のご機嫌はどうでしょうね?


シーーーーー―ン


まっ、こんなこともあるでしょう!


この時は、まだ余裕ありっす!




1時間経過・・・


7寸岩魚1匹


さらに、1時間経過・・・


7寸岩魚1匹追加


やばし!!!!!!!!!


全く、反応なし


走るチビすらなし



小さな脳ミソフル回転で考える・・・


こりゃきっついぞ


定番の


流心、際、落ち込み、巻き、その他もろもろ


一切反応なし( ̄▽ ̄;)




こうなったら、全く違う攻め方(ポイント)をせねばなるまい。


「The竿抜けポイント攻略」作戦です。


とにかく、釣り人に攻められないようなポイントをひたすら探し、打ち込むのです。


直ぐに答えが出ました!


おいおい、そんなとこにいたんか!


と言うとこから出てくれた天女魚。





フライをがっぽり銜えており

出方も疑った様子はなく、フライが流れた小さなスポットでゆっくりと出てくれた。



おもわず、よーーーーーーーやくかよ! って呟いたほどです。


ココからは、とにかく狙いにくい、見落としやすい、そんなポイントを重点的に攻めます。


とは言え、ちょー渇水だから、そんなポイントも少ないわけでして


難しいぞ、今日!!


でも、楽しかったりする!!



お次に出たのもナイスサイズで納得の1匹でした。





こいつも、バックリくわえてたな。


だいぶ落ち着きました。


天気が最高で、気持ち良く、戦略がハマり、綺麗な魚に出逢えた。

もうね、言う事なし!


日陰は涼しく、ウェットウェーディングには快適な水温!

もうね、言う事なし!


赤飯お握りをほおばり、ようやく一息つきます。



今年も会えました。




エアジョーダン(笑





11時時点で、岩魚2匹、天女魚6匹


後半戦、気合入れます。

これだけ渇水で、ピーカンであれば、当然日陰であり、少しでも水通しが良く、確実に隠れる事が出来、天敵から見つかり難い場所。

そんなとこを重点的に狙い打ちです。





ちょっと気になったのは、この時期ならチビもそこそこ釣れるんだけど・・・

この日は、チビは全くでした。

来年がちと心配かなと。


その後も、ムズイ! 楽しい! と言う時間を過ごします。




この渓には、とても綺麗な天女魚がいます。


最後の最後、出逢えました。


とにかく色白で艶肌。

朱点が極端に少なく、優しい顔をしている天女魚です。





この子は朱点が3つしかありませんでした。

ほんとに綺麗だなって思います。





そろそろ時間です。


今日の退渓は、これまでとは違うルートを試す事にしました。


途中まではなだらかですが、後半はかなり急、そんでたぶん最後はきつめの藪漕ぎだろうな。って、ルートです。



地形図で現在地を確認、斜面を眺め、どのルートを進むか決める。


見えない先に隠れている斜面がどんな感じか、そこが大事です。

登るだけ登って

この先無理やん!となるのが一番キツイのです。


途中、ちとしんどい斜面だったけど、難なくクリア!


その先は・・・

まだ林道は見えません。


でも、”あそこ”を過ぎれば、たぶん林道だろうな。


でも、その”あそこ”にある藪を突破する必要がある。


突破した先に、更に濃い藪があったりすると、ダメージデカイんすよね(^^ゞ


藪に突入し、強引に進むと


少し先の上空が開けているぞ!


もしや、林道じゃね???


正解!!



斜面を登り始め15分で林道に降り立つ。


ナイスなペースで登れました!


若干息は上がってたけどね(^^;)



2時15分です。


ダッシュは、まだ攻めてるだろう、ギリまで源流詰めてるだろうしね。



さて、あとは車まで1.5hの林道歩きのみです。


今日、魚の反応があったポイントや傾向を整理しつつ、テクテク林道を歩き、ゲート着!!!




そしたら


なんと


ダッシュが既に着替えて撤収の準備を整えていた!


大苦戦し、昼前には引き上げて、帰路途中にある沢で遊んでいたらしい( ̄▽ ̄;)


詳しい事は今夜の反省会で聞くとして・・・

それにしても、まさかまさかです。




そんで、もちろん温泉にGOです!!


温泉は二人で貸し切り、言う事なし!


極楽気分を堪能し、今宵の宴会場へ向かいます。


でもね、ダッシュはイブニングドライブを少し堪能したいって事で、別行動です。

消化不良だったのでしょうね。



宴会場でもろもろセッティングを済ませ


お先に! って事でプシュっと行かせて頂きます。





うまし!!

うまし!!



そうこうしていたら、ダッシュ到着。


速攻、”乾杯”っす。

決して、”完敗”ではない!?


事前に宴会メニューを擦り合わせていたわけではないので、お互いが用意したものを頂く反省会です。


ダッシュが用意した、ステーキ&ハンバーグ、マジでやばいってぐらい美味かったぞ!!








今日みたいな日は、反省すべきこと多しだけど、それも宴会を盛り上げる要素としては申し分ないな。


ダッシュの話を聞くと・・・

苦戦した理由がなんとなく分かったので、少しだけアドバイスをしました。

今日の事を踏まえると、間違いなく今後に活きるだろうしね。



盛り上がる宴会!!


過ごしやすく、最高に気持ち良い時間です。


今日、こうして、この場所で、友人とくだらない話で盛り上がる。

この大切な場所で、この時間の過ごし方が大切なのです。



21時過ぎ、ダッシュが撤収


わたしは、その後も少しだけ一人でこの時間を堪能です。


気持ち良い、ほんと美味しいお酒でした!!




そうそう・・・


関西のお笑い芸人のおっちゃんも、実はココから1時間ぐらいのとこで一杯やってるようです。

前回、めっちゃ良い想いをしたとこに、再度狙いを定めての釣行だったようだけど・・・

結果は、伏せておこう(^^ゞ


イイ感じで酔いが回り

22時過ぎ、シュラフイン。





翌朝です。


6時過ぎ、おっちゃんからのラインで目覚める( ̄▽ ̄;)

でも、すぐに二度寝です。


6時半起床、もちろん、爆睡です!!

ダッシュは早朝ドライブにお出掛けのようです。


何と言っても彼は、超がつく朝方人間なんですよ。

この日も5時前に起きたらしいです(^^ゞ


戻ってきたダッシュにコーヒーを淹れてもらい、朝のまったり時間を堪能します。

この時間も、また格別なのです。



この日は二人とも釣りしません。

帰ります。


でも、帰る前に、今回一番の目的でもある、あるものを仕入れに行くひつようがるのです。


それがこちら!!




そう、とうもろこしです。


この時期定番となっている、この地のとうもろこしです


毎回仕入れている、おばちゃんとこは、なかなかおばちゃんが現れず、8時半まで待ったけど、仕方ないと言う事で、次の仕入れ先へ移動し無事ゲットしたのです。


帰宅後、速攻頂きました。





マジ、最高に美味かったっす!!





さてさて、今シーズンも残り1ヶ月ですね。


わたくし・・・

もしかしたら、ラスト1回行けるか、もしかしたら今日がラストになるか、ってな感じです。


みなさまも、ラストたっぷり楽しんでください!!





















最新記事

すべて表示

山梨

長野

Commentaires


bottom of page